WordPress

画像圧縮プラグイン EWWW Image Optimizer

画像圧縮プラグイン EWWW Image Optimizer

画像圧縮プラグイン EWWW Image Optimizer

サイトを速く表示するには、できるだけファイル容量が小さい方が有利。

最近の写真は、スマホやカメラの性能があがって容量が大きくなりがちです。
実際サイトで見るにはそこまで高画質な画像は必要なく、画像を圧縮したとしても画質が著しく悪くなる事もなく見た目もそこまで損なわれません。

って事で今回、画像を自動で圧縮してくれるプラグイン

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

をインストール使用する事に。

これまた、ネットにあるサイトを完全に参考にしましたw

参考にしたサイトは、
【2021年2月最新】EWWW Image Optimizerの最新設定方法と正しい使い方についてわかりやすく解説

ほんとわかりやすく丁寧に説明しているサイトで、ほんと助かります。

重要なポイント

「設定」→「変換リンクを非表示」の
サイトやネットワークの管理者は、以下の設定を無視するメディアライブラリの変換リンクを、他のユーザーが使えないようにできます。
に必ずチェックいれる事です!

チェックを入れないと画像の拡張子が変換される可能性があり、リンク設定が変わって画像が表示されない事や、画質が悪くなる事があるので注意!

 

インストールすると、今後更新する画像ファイルは自動で変更してくれるようで便利ですが、インストールする前の過去の画像データを圧縮変換するには別途作業が必要です。

サイトに細かく作業方法が説明されていますが、画像が多いとかなりの時間がかかるようです。

なので、今回はしてません。

まぁ現在、画像の参照場所は旧サイトのFC2のままですし・・・

画像参照先(リンク先)の一括変更を後日ゆっくり落ち着いてしようと思ってますので、その後にしてもいいかと思ってます。

EWWW Image Optimizerはとてもいいプラグインだと思います。

画像圧縮として定番ですが、
画像データのメタデータを削除してくれるのもありがたいです。

メタデータ・メタ情報には、撮影時の位置情報とかが記載されているので注意が必要!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA