トライアスロン

サドルボトルゲージ PROFILE DESIGN RMC リアマウントカーボンブラック

トライアスロンのロングに挑戦となると、

気にしないといけないのが、
ロングライドとなるバイクの荷物です。
パンク修理キットなどの工具を始め、
距離が長くなるので補給食も多く必要!
更に補給水は重要なポイントになると思われます。
そこで色々考えていたのですが、
サドルの後ろにつけるボトルゲージがいいのでは!
と思う様になりました。
正直、ロードバイクを乗り始めた頃は、なんでそんなにボトルがいるねん!って思ってましたが、今となればその有効性がわかる様になりましたw
サドルにつけるボトルゲージを選ぶポイントとして、
まずは、
1つのボトルか、2つのボトルを付けるか?
今回の目的からいくと間違いなく2つです!!!
で、2つのボトルをつけれるタイプとなっても、いっぱいあるんですよね。
そこで、以前から目につけていたのが、

と、

両方とも、思ったより安く、しかもパンク時に役に立つ、Co2ボンベを取り付けたり、チューブをくくりつけたりできます。
でも、問題点が・・・
ボトルゲージをつけるアタッチメントであって、別途ボトルゲージを2個買って取り付けないといけないんですよね。
その取り付けるボトルゲージにもよるのですが、ボトルがよく外れるとのレビューもあったりで・・・
安心感が欲しかったら、それなりのゲージを買ってテストなどしないといけない訳で・・・
そんな中、
の商品で、ボトルゲージセットの物を見つけました!
他にボトルがしっかり固定できそうなのが、2種類。

ボトルがしっかり固定できるタイプのボトルゲージは、ゴムで締めつける作りになっているみたいで、レビューを見るとホールド性は良さそうです!
金額面・ホールド性を考えると、
がいいかと思ったのですが、
本来の目的である、できるだけ荷物を積める様にする事があまりできなさそうです・・・
Co2ボンベとかは付ける事ができるんでしょうが、あまり拡張性がない感じです。
そうなると、少し高いですが・・・
の方が良さそうです。
少し高いどころじゃないですねw
でも、カーボン性で軽量で、ベルトで固定する感じになりますが、小物入れもあります!
機能的にはいい!!!
けど、値段が・・・・
って事で悩んだんですが、色々と考慮して
を購入しました!!!
早速注文!
IMG_4236.jpeg
ビニールを外すと・・・
IMG_4237.jpeg
かっこいい!
しかも軽いですね!!!
さすがカーボン!!!!
付属品のベルト3本と本体。
IMG_4239.jpeg
とりあえず、ベルトはすぐ使わずに無くさない様に保管。
本体をよく見ると、カーボン調がかっこいいです!!!
IMG_4240.jpeg
高かっただけあって高級感もありますし、強度もバッチリ!!!
さっきも言ったけど、何より軽いです!!!
取扱説明書
IMG_4238.jpeg
日本語表記はないですが、単純な物ですし、図があるのでわかるかなw
早速取り付けます。
取り付ける前は、
IMG_4241.jpeg
ビスを緩めてただ取り付けるだけです。
穴の位置が2箇所あるので、サドルに合わせて位置を選ぶくらいかな。
取り付けると・・・・
IMG_4243.jpeg
かっこいいい!!!
バイク自体がカッコよくなっていいですねw
TTバーとお揃いでいい感じもあり!w
IMG_4259.jpeg
小物入れですが、思ったより大きくていろんな事に使えそうです!
IMG_4260 (1)
補給食を入れたり、チューブ入れたりできそうです。
絶対、無いより有った方がいいですねw
ボトルゲージ部もしっかりしており、ゴムで締め付ける構造になっており、しっかりホールドしてくれそうです!
IMG_4261.jpeg
実際ボトルをセットしてみると、
IMG_4244.jpeg
物々しいですが、かっこいいですね!!!
高かったけど、買って良かったです!
頑張れば、サドルバックもつけれそうですし、
何より、トライアスロンで付けるゼッケンプレートも余裕で付けれそうです!
ゼッケンプレートが付けれるかどうか?も重要なポイントだったんですよね。
どんどん、バイクがトライアスロン仕様になってカッコよくなっていきます!
そんな中エンジンである、人間自身がトライアスロン仕様になれてない部分があります・・・・w
こうして気分を高めつつ、エンジンを鍛える様に努力をしていかないとねw
    

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA