2022伊良湖トライアスロン

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート

2022 伊良湖トライアスロン

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート

当日の天気予報

6時に受付を済まし、トライジションエリアにバイクをセッティング!

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート

時間があったので、周りを下見していよいよスタートに!

試泳

ブイ沿いに自由に泳ぐ感じ。

思ったより水温が低く、自分的にはありがたかった。

ライフセーバーの人に潮の流れをきくと、テトラポットの無いエリアから潮が内海に入ってくる感じで、そこに向かう時はしんどいけど、ゴール方向に向かうのは楽なはずとの事。

試泳を終えて、しばしスタート地点で待っていよいよスタート・・・・

スイム

恒例になりつつある、20人10秒間隔のローリングスタート。

程よい位置からスタート。

今回はそこまで緊張もなく泳ぎだせたかな。

緊張がほぐれるポイントとして、最初のブイに到達する事が多いのだけど、今回のコースは1つめのブイが比較的近くにあったので精神的に助かったかな!

でも人が多く、かなりの接触が・・・・

顔面にエルバ―を数回喰らって、右のゴーグルだけが押し付けれている様な状態?感覚に。

3周で毎回陸にあがるので、その時に修正すればいいと思いそのまま泳ぐ。

試泳の時に聞いたように、テトラポットの間にむけて泳ぐ時は潮の流れに逆らう感じで、ブイまで遠く感じました。

なんとなく潮の感覚を掴み、1周目を終了。

2,3周目はなんとなく状況が読めるので安心して泳ぐ事に。

相変わらず、謎に数字を数えたりしながら泳ぐw

泳いでると、水中に時々選手用のアームリストが漂ってい事が多くなる・・・・
最初は輪っかを大きくして付けてしまって外れたんかな???

外れた人はトランジションに入れなくなったりしないのかなぁ???
なんて心配しながら泳ぐ・・・・

泳ぐにつれてかなりの量のアームリストを見かけるように。

そんな時、3周目ぐらいかな????
自分の腕からもアームリストがポロっと落ちていきました・・・・

けして緩かった訳でなく、シールの糊が剥がれた感じ。

そういう事ね!
糊が弱かったみたい。

最終、レースが終わってからトランジションエリアの人のほどんどが、アームリストが無かったw

そんなこんなで、特になにもなく無難にスイムは終了!

スイムログ

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート スイムログ
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート スイムログ 詳細
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート スイムログ 詳細

バイク

スイム前から小雨・・・
スイム中は雨がきつくなってきてるなぁと思いながらも、スイム自体には支障がない状態。

スイムアップをすると意外と雨が降っている!

とりあえずバイクの準備を!

雨が降っているが、すぐに晴れの予報だったので日差し対策の為に今回はちゃんとアームカバーを装着!
面倒でつけない事があったりするんですがw

バイク準備も終わり、バイクスタート地点に向かう!
これがちょっと曲者で、舗装されていない泥道を自転車を押して登らないといけない・・・・

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート バイク スタートまで

最初は担いで登っていたけど、途中でどうせ汚れるだろうからどうでも良くなって押してあがったw

意外と急な坂でちょっと疲れた・・・・

乗車ラインを越えていよいよバイクスタート。

周回コースまで、ちょっとくねくねした細い道を通るのですが、ゴムシートなんかがひかれていて滑りやすそうでちょっと怖かった・・・
でもスタッフの人が親切に大声で注意してくれたので助かりました。

周回コースに入り、本格的にスタート!

今回は周回コースを5周!

雨の中走る!

なんかもうやけくそみたいで、雨の中を走るのが気持ち良くなってくるw

暑くなる前、逆に雨が降ってるくらいが気温も上がらず自分的には好条件と思い、ちょっと前半に頑張るようにしようと、ちょっと思いながら走る!

ほぼ直線のコース!
風の吹き方でかなり苦労するだろうと思っていたけど、意外と風がない感じ。

順調に走る!

Uターン場所がほんとにUターンなので、ちょっと注意しながら1周回を終える。

2周回からは、コースも感じもわかるので気持ち良く走る。

この辺から雨も止みはじめたかな。

Uターン場所ではタイミングによってかなりスピードが落ちてタイムロスになる。

仕方ないと思って曲がろうとすると、Uターン手前は追い越し禁止なのに追い越しをしてくる人が多かったような・・・・

しかも遅くてUターン時に重なると面倒だと思い、手前で無理して抜いた人が何食わぬ顔で追い抜いていって、また立ち上がりが遅いのにはイラっとするというか、モラルの無さにガッカリした・・・・w

そんなこんなで周回なので後半ちょっと飽きてくるのと、雨が止んで日差しが出て暑くなったりで、しんどさを感じながら走り続ける。

最後の5周目、あとはトランジションエリアに戻るだけぐらいの時に、急に左のお腹が痛くなってきて・・・・
なんだったんだろうか????
バイクを降りてランに以降するまでに解消したけど・・・・

そんな感じで、追い越し禁止区間の周回コースからトランジションエリアまでかなり遅くなってしまい、後ろの人に迷惑をかけてしまいました・・・・

降車位置手前でバイクからおりて、行きに通った泥だらけの坂道を下る。
下りは下りでバイクで疲れた後なので、更に辛かったw

そして苦手なランへと・・・・

バイクログ

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート バイクログ
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート バイクログ詳細
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート バイクログ 詳細

ラン

いよいよ苦手なラン・・・

バイクからのトランジションは問題なく完了!

天気もカンカン照りの日差しではなく、曇りなのが救いな感じの中スタート。

気持ちまだいつもより体が軽い感覚はありましたが、やはりお腹や胸の脂肪が揺れまくりなのを感じながら走るw

少し走ると歩道橋の様なコースに。

早速の坂です!!!

伊良湖のランコースは下見の時にも感じたのですが、アップダウンがヤバい!!!

早速登りか!!!!
って感じw

今回は登り坂は絶対歩こう!と決めてたので早速歩くw

甘い考えかもしれませんが、ただでさえ毎回歩きまくりのランなので、変に体力を消耗する坂は歩くに徹しようという作戦です。

ひたすら歩くw

でもなかなか心拍数は落ち着かない感じ・・・・

コース上には小さな山と大きな山があるのですが、最初なのでよくわからない・・・・

登りは徹底して歩く事に!
ほんとちょっとの登りでもw

下りもよっぽどの下りじゃないと歩いてw

小さな山を越えて、大きな山らしきコースに。

のんびり歩く・・・・

すると、なんか違和感が!!!!

よく見ると、ウェアにアブが3匹をくっついている!!!!

最初は払ったりしたのですが、すぐに知らないうちに別の場所にくっついてる!!!

特に痛みもなく、後で確認したら噛まれたような跡もないので、暑さ対策で水を被りまくっていたのでウェアに浸み込んだ水でも飲んでいたのかな????
それとも持っていたジェルの匂いかなんかに誘われてなのか???

なんか自分だけにやたらアブがたかってる感じで、1人コース上で歩きながら暴れてましたw

アブが止まれるぐらいのスピードで歩いてたって訳で・・・・www

登り坂でしたが、アブを追い払う為に少し走りましたw
まぁいざとなったら、しんどくても身体が動くってことですねw
アブさん達に感謝です!w

2つの山を越えると、次は海沿いの平坦なコースを2周回。

2つ目の山の下りは落ちる様に、脱力だけで走るような感じで走ったのでそのまま平坦なコースも走り続ける。

海が眺めれて、ちょっといいコース。
スイム会場と違って、波が高くて荒れ荒れの海でしたがw

伊良湖はサーフィンでも有名なのがわかるくらいの!!!

ちょっと場所が変わるだけでここまで変わるのかと思うぐらい、スイム会場との違いが凄かった!

エイドステーションまで後何キロみたいな看板があったのが助かり、エイドステーションまで頑張って走ろう!って気持ちになりましたが・・・・
なんか一か所、表記がおかしいところがあってガックシしたようなw

エイドステーションが1キロから2キロ間隔にあり、しかも冷たい水をいっぱいかけてくれるのはホントに助かりました。

ほんと毎回の事ですが、スタッフやボランティアの方、応援してくれる人に感謝ですね!!!

周回コースなので、知り合いとすれ違うと励ましあえるのも嬉しかったです!

まぁ自分は歩きまくってる中ですがw

そんな中、いつも二色の浜で練習してる仲間とすれ違う時に、氷をくれた!

ほんと小さな氷を2つ貰ったのだけど、なんかほんと嬉しかった!!!!

仲間がいる!ってのも大事だなぁ!!!!

なんて思いながら、平坦なコースはすべて走りたかったのですが、歩きながらなんとか2周回を走りきる・・・・
めっちゃ長く感じた・・・・

そして、来た2つの山を越えてゴールを目指すだけ!

なんかもう歩くのが前提だったので、気持ちが凄く楽でしたw

登りは歩き、下りは脱力で落ちる様に走るを繰りかえす。

下りを走ると足腰に来るのですが、自分はなんかその辺は強いのか?
そこそこのスピードで走れたかな?

デブが勢いよく坂から落ちてきてる!
みたいな感じで見られてかもwww

逆に登りは心肺系に負担がかかるので、自分的には苦手・・・

だから今回の作成はある意味、合理的だったのかもしれないですねw

とかいいながら、下りは走っていたのですが、最後のエイドステーションでふくらはぎが攣って動けなくなりました・・・・

冷たい水を脚にかえてもらおうと、変な体勢になったのがいけなかったみたいです。

動けなく給水ポイントで唸っていると、スタッフの方が駆けつけてくださり、色々と手助けをしてくれたのはホントに感謝です。

時間が経つと攣りに対するヤマも過ぎ、お礼を言って残り僅かの距離の先のゴールを目指す。

頑張ってください!と見送られるのがどれだけ励みになった事か!!!
ほんと感謝です。

いつか自分も大会のボランティアをしたいです!!!!

脚は攣ったものの、ゴール手前では問題なく走り切る事ができ、なんとかゴール!!!!

で、無事なんとか完走が出来ました!!!!

ランログ

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート ラン ログ
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート ランログ 詳細
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート ランログ 詳細

ちょうど半分歩いてるねw
どんだけ歩いとるねん!!!www

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート ランログ 詳細

補給食

今回の補給食を、今後の参考の為に纏めておこう!

明治 ヴァーム(VAAM) アスリート 顆粒 栄養ドリンク風味 4.7g×10袋

を各種目のスタート時に1袋。

味の素 アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー グレープフルーツ味 45g×4袋 【 ゼリー 】 【 栄養ゼリー 】 【 BCAA 】 【 アミノ酸 】

味の素 アミノバイタル アミノショット グレープフルーツ味 43g×4袋 【 ゼリー 】 【 栄養ゼリー 】 【 BCAA 】 【 アミノ酸 】

バイク前に赤・青1つずつ。

バイク中は、10km毎に赤と青のどちらかを交互に摂取。

バイク中のエアロボトルには、

味の素 アミノバイタル 電解質チャージウォーター 10本入箱

を使用。

バイクとランの間にラスクケースにいれて、
mag on ジェル 4つ
を。

レース後に、
味の素 アミノバイタル GOLD 30本入箱

いつもの大会ならスポンサー提供としてアミノバイタルが配られるのでスイム前に、
アミノバイタルショット赤と青を摂取できたのですが、今回は期待してたのに無かったので摂取せず。

同じくゴール直後のアミノバイタルゴールドもなし・・・・

無いパターンも経験する意味で良かったかな。
無かったのでバイクの前に、赤と青を摂取して補ったりしましたが。

全体的に特に問題なかった感じですかね。

ランのエイドステーションでバナナなど配られていましたが、一切手を付けず・・・
レース中に固形物食べる練習も必要なので、次から積極的に摂取するようにしよう!

全体ログ

大会公式リザルト

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート 公式リザルト

Garminデータ

2022 伊良湖トライアスロン レースレポート ログ
距離 時間 標高
2022 伊良湖トライアスロン レースレポート 全体

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA