switch文



switchでは、値をケース分けして処理を行う。

case文を使用し、どのケースにもあたらない場合はdefaultを実行する。
default文は省略できる。

各ケースの最後にbreak文が必要なので忘れないように。

(例)
switch(式){
case 値1:
//式の値が値1の時にする実行
     break;
case 値2:
//式の値が値2の時にする実行
     break;
case 値3:
//式の値が値3の時にする実行
     break
default:
//式の値がどのケースにも当てはまらない時に実行
     break;
関連記事

0 Comments