mio ALPHA

買っちゃいました。
以前からほしかった心拍計です。

mio ALPHA

心拍を計る物は色々あります。
腕時計タイプで、その時に応じて指などを置いて計測するタイプ。
リアルタイムに計測するとなると、胸にバンドで止めるという、面倒くさい物もあります。
今回買ったmioALPHAは、腕時計タイプで取付簡単で、リアルタイム測定です。
色々探したのですが、リアルタイムで腕時計タイプはmioALPHAぐらいしかないようです。
実は、iWatchに期待してたので、購入待ってたのですが、
発売が遅い、
リアルタイムの可能性が低い、
またAppleさんでよくある、他のアプリに機能を解放しない可能性もある、
ので、今回おもいきって購入しました。

Amazonで日本正規代理店って所から買ったのですが、台湾から送られて来ました。
怪しいので、メールしましたが、ネットで翻訳しました丸出しの返事でした・・・
まぁ、保証もちゃんと対応しますとの感じだったし、返事も早かったので、OKとしましょう・・・

送られて来た箱は、かっこいい!
Apple製品の様なデザインのいい、梱包でした。

h1.jpg

h2.jpg

箱を開けると本体が!!!
これもセンスよく梱包されています!

n2.jpg

n1.jpg

本体も安っぽさがなく、いい感じです!

付属品、取扱説明書など、まとまりよく入ってます。

ko.jpg

充電器はシンプルで、小さくコンパクト便利そう!
マグネットで本体裏側に付ける感じです。
簡単に充電できます。

jyu.jpg

jyu2.jpg

充電してる所です。
線が短いですが、コンパクトな作りなので仕方ないです。
納得できるレベルです。

jyuty.jpg

裏にセンサーがあります。
ここが緑色に光って心拍数を計るようです。

ura.jpg

ベルトもしっかりしてます。
ベルトの端も、プラチックの突起が出ており、3つの穴にはめれるようになってますので、しっかり閉めれますし、ばたついて邪魔になる事もないです。考えられて作られてる感じがします。

be.jpg

ベルトの端のプラチックの突起の部分が外れる事がありそうなので、ちょっとだけ注意が必要かもしれません。

腕に付けるとかっこいい!

sou.jpg

取扱説明書は、多言語仕様でその中に日本語があるようですが、見にくいので、ネットで見つかりましたので、それで簡単なセットアップ。
mioALPHA取扱説明書
ボタンが2個とシンプルな作りですので、簡単です。
取説を1度みれば、簡単な使い方はわかると思います。

で、今回購入した一番の機能!
Bluetoothでアプリと連携できる!

いつも使ってる、
「Runtastic」と、その自転車版「Rood Bike」と連携です。
簡単です。
アプリのセンサー追加のページに行くだけで、認識されペアリングされます。
コードの入力など、ややこしい設定一切なし。
逆に簡単すぎて怖いくらいですw

run1.jpg

run2.jpg

runb.jpg


「Rood Bike」の方は、スピードメーター・ケイデンスも、Bluetoothで接続してますが、問題なく動作。
3つのセンサー情報が表示され、最高のサイコン状態です。

また、Bluetoothイヤフォンも同時に問題なく使用できます。

まだ、少ししか使用してませんが、リアルタイムですぐわかるのは、本当にいい。
アプリ連携もほんと便利で、運動する気持ちがあがる。

バックライトがなく、暗い所では見れないと文句が出たりしてますが、自分はアプリで見れるのでいいかと・・・
まぁ、電池の問題もあると思います。
8時間近く使用出来るようです。
使用時間が長い分、仕方ないかと思えます。

これから、運動する時に心拍数を気にしながら出来るのが楽しみです。

運動したくなる!
そんな気持ちになれるのも、買って良かったって事かな。

少し高い買い物ですが、物はしっかりしており、機能など考えると、買ってほんと良かったと思う。

心拍トレーニングについても勉強だ!




関連記事

0 Comments