iPhotoで位置情報(ジオタグ)を消す方法




写真にはジオタグと言って色んな情報が付加されます。
位置情報、カメラの種類、画素数、サイズ、F値、ISOなど・・・
これで困るのが位置情報!今スマホで写真を撮る事が多く、GPS付きのスマホだと気づかないうちに位置情報が付加されてる事があります。

位置情報が付加された写真をネットにアップする事は危険です!

設定で位置情報を付加しない設定にも出来ます。

でも、自分は位置情報が付いてる方が、後で見て面白いのであえて付けてます。
そこで、困るのがネットにあげる時に、位置情報を消さないといけないという事です。

Macになれてないですが、「iPhoto」で消す方法がわかりましたので、簡単に説明します。



まず、位置情報があるかどうかは、写真を選んで、下の方の情報ボタンを押す事で確認できます。

mGeoari.png

位置情報が無ければ問題なし。
あれば、
「iPhoto」のメニューから
ファイル→書き出す
を選ぶと、下の画面が出てくるので、「位置情報」の欄のチェックボックスを外す。

Geodel.png

で、「書き出す」をクリックで新たなファイルが、位置情報で作られます。

geojpg.png

位置情報は消えましたが、他の情報(カメラの種類、画素数、サイズ、F値、ISOなど・・・)が残ってます。
これを完全に消したい場合は、「書き出す」をクリックする前に、(種類)で「PNG」を選べば大丈夫です。

geopng.png

ジオタグは消えますが、ファイルサイズが大きくなるのが、難点です・・・・

とりあえず位置情報を消す方法です。

もっと簡単な方法があるかもしれませんが、この方法で消す事が出来るので、とりあえずアップする時は安心出来そうです。

関連記事

0 Comments