散る桜、残る桜も、散る桜(mixiより)

散る桜、残る桜も、散る桜

この言葉は、映画「男たちの大和」で、反町が桜を見ながら、言うセリフであり、なんか心に残っていた。



連休中に、広島の田舎に帰りました。

それは、おじいちゃんが入院したって事で久しぶりに帰りました。

早速、おじいちゃんに会いに、病院に!

100歳近くって事もあり、自分自身では見てられないぐらいの気持ちにとらわれました・・・

今まで、凄く元気なおじいさんだったのに・・・

元気がなくても、僕達に気丈に振舞ってくれるし、声は小さく、方言もきつく何をしゃべってるかわからないけど、必死に話かけてくれました。

長生き出来た秘訣か、なんでも自分でしようとする動作が、遅くて、遅くて、で不器用で・・・でも、そんな姿が泣けてきそうで・・・

心が痛かったけど、病院の独特の臭いが嫌だなぁと、感じてしまう自分もいたりで、複雑な気分・・・

そんな中、窓の外は綺麗な田園風景が広がり、
生きる事・・・・
なんかわからないけど、ジーンと胸にきました。
凄く情けなく、汚く、なにも出来ない自分も感じながら・・・

病院を後にし、同じ歳のおばあちゃんのいる施設に。

施設ってのも、考え深いですが、色々なしがらみがあり、自分にはわからない苦労もあるので、良い悪いはいえないが、自分としては、いい選択でもあると思う。

施設にいると、家にいるよりコミュニケーションは増えるだろうし、楽しみも見つけられるのではと・・・

そのせいか、おばあちゃんは凄く元気でした。

気を使ってくれ、みかんをくれたり・・・
なんか、そんなやさしさが、心にしみます。

で、そこに、おばあちゃんが書いて壁に貼ったであろう、例の言葉がありました。

散る桜、残る桜も、散る桜・・・・

大和の影響もあり、自分はすぐ興味が。

おばあちゃんが書いた・・・・
安易に、会話に出すことが出来ませんでした・・・

が、自分の中で、また、大きな意味を持つ言葉になりました。

帰り、おばあちゃんは、わざわざ見送れるギリギリのところまで来てくれ、
かわいらしく、こっちに手を振ってくれました。

なぜか、わからないけど手を振り返す事ができず、軽く頭を下げただけだった・・・・


二人の健康を祈ると共に、健康の大切さを実感しました。


普通に、食べる事、歩く事、立つ事・・・それが出来ないのに元気で、前向きで優しい・・・

ほんと、自分が情けなくなります。
ろくな親孝行もせず、たぶん、このままこの気持ちも忘れていき、ろくに親孝行もしない自分・・・

せめて、五体満足な自分、健康に今まで育ててくれた周りの方に感謝したいと思う。

人は、死をもってリアルに生を感じるという!

悲しいかな、そうかもしれない・・・

生きる事、今を大事にする事を少し学べたような気がします。


で、久々に遠くに来たので、サイクリング。
色々、思いにふけながらのサイクリング。

田舎っこともあり、アップダウンが激しく、引き返したりもしたw

しんどくて、自分の体力のなさを痛感しましたが、やっぱ田舎はいい!
運動はいい!

フォト

フォト

今、一瞬だけしか思わないかもしれない・・・けど、、、

生を授かったからには、大事に生きたい!

と、感謝をわすれないようにしたい!

関連記事

0 Comments