2013.2.23-24 金剛山V

雪の上でテント!
バーベキューだ!
って事で、ベルさん・アフロさんと金剛山に!

23日、朝5時半くらいに起き、お風呂。
その後、準備。
準備も慣れたもんで、適当に詰め込むだけw

7時にベルさんとこに行き、そのままアフロさんをお迎えに。

途中で、コンビニよったり、スーパーで買い物したり。
スーパーは9時オープンだったので、少し待って、肉やらアルコール類などを買う。

http://www.mtkongo-p.jp/index.html
↑の駐車場に向かう。

駐車場から、雪が軽く積もっており、早速アイゼンをつけて、登山開始。

雪景色の山は、やっぱり綺麗。


フォト


フォト

のんびりのんびり登る。
楽しいおしゃべりをしながら・・・w
途中、ソリなどで遊んでいる子供とかがいたり・・・
ソリで止まれなくて、落ちそうになりかけてるをみたり・・・
怖いなってちょっと思った。

目的地のキャンプ場に到着。


フォト


フォト

http://osaka-midori.jp/mori/enchi/chihaya.html

団体さんのお客さんもいたが、夕方までに帰るとの事で、とりあえずテントを張る。


フォト


テントを張ると、団体のお客さんが、豚汁があまっているから食べ!
とくれた!
めっさ暖かくて、おいしく冷えた体には最高だった!
おかわりして3杯もらいましたw


フォト


フォト


団体さんが帰り際に日本酒までくれました。


フォト


もらう前から秘かにベルさんが狙ってい酒でしたが・・・w


寒いので火をおこす事に。
ここはキャンプ場!
てな感じで、設備もよくマキを買ったりで、快適。
すこしゆるい感じですw


フォト


火をおこしたりする間に団体さんが帰られ・・・

早いけど、飲みながら飯でもしようかと・・・

昼の2時ごろくらいから、飲んだり喰ったりでしたw


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


ワイルドな厚切りステーキを食べたり・・・
塩コショウ・にんにくチューブで、ほんと美味しかった!
味が濃く、身体には良かったのかどうか??


誰かが作ったカマクラで雪遊びしたりしながら・・・


フォト


飲んでは食べ・・・


フォト


夜の9時ごろに寝ました。

最初はテントで寝袋に入ると寒かったのですが、知らん間に寝ており、気が付いたらホカホカでした。
あお向けに寝るより、横向きで寝たほうが暖かかったです。
地面からの冷気が少なくなるからかな??

そんなこんなで、普段より早く眠りにつきました。

朝6時の起床予定って事だったので、片付けに時間がかかりそうなのもあったので、少しはやめに起きて少し片付け。

みんな起きてこない・・・

とりあえず活動。


フォト


フォト


さすがに寒いので火をおこす事に。
昨日の火が残ってるかと思ったけど残っておらず、いちから。

持って行ったバーナーがホント役に立ちました。

火がおきた頃、コーヒーでも飲もうかって時にアフロさんが登場。
一番寝てそうなアフロさんがw

で、2人で朝食作り。


フォト


フォト


味噌汁作ったり、アルファ米のおこわ、パスタ、ラーメン作ったり昨日の残りもの・・・
結構贅沢な朝食!

アルファ米が意外と使える代物で美味しかった。

そんなこんなしてるとベルさん登場。

みんなで飯喰って、コーヒー飲んだりと、寒い中でしたが、いい朝の時間でした。

テントをたたみ、後片付けをし、ゴミを持ってキャンプ場を撤収。

もちろん、一升瓶を持って。
重いのにベルさんが持ってくれましたが、明らかに見える位置にセット。
とおりすがりの人に結構いじられてましたw

とりあえず、山頂を目指す事に!

急な登りになるとしんどいですが、景色がやはり綺麗です。


フォト


フォト


フォト


フォト


フォト


山頂付近になると、人が多くなり、
キャンプしてたん?凄いな!と声かけられる事もあり、すこしいい気にw

鳥が餌付けされており、昔飼っていたヤマガラがいっぱいいて、なんか懐かしかった。

とりあえず山頂!


フォト


フォト


例の一升瓶w


下りる前にぜんざいを食べる。


フォト


寒かったのでうまかった。
が、食べながら、すごい粗利率やな・・もうかるな・・・
なんて、現実的なことも考えてしまいましたw


後は下る。

景色を少し楽しみながら・・・
下りは楽ww


フォト


フォト


昼の1時前に駐車場に到着。
昨日よりは雪が少ない感じでした。

で、みんなで帰りは寿司だ!!
って事でくら寿司よって帰りました。

今回、登山という要素はほどほどでした。

雪山テント泊を味わいましたが、キャンプ場で設備が良すぎたのが良かったのか?
過酷な経験は出来ませんでした。

でも、楽しかった。

後、バイクはいいで~とか、洗脳されそうな旅でもありましたw
関連記事

0 Comments