2013.7.26-28 木曽駒ヶ岳(mixiより)

金曜日の夜8時に、たかしを大日までひろいに。
なんとかギリギリ間に合った感じ。
ベル、アフロとひろい、スーパーで買い出し。
で、出発。
順調に、ナビ通りに高速を走り、高速を降りコンビニに寄り、菅の台バスセンターに、夜の1時くらいに到着。
少し酒を飲み寝る事に。
ベル、アフロは外でテントで寝てくれたので、車でゆっくり寝れてよかった。
朝7時ごろに起き、用意。
まずは、バスでロープウェイ乗り場まで移動。
朝一の時はバスに乗るのに行列が出来ていたみたいだけど、自分達が乗る時は臨時便も出た事もあり、すんなり乗れた。
バスで30分ほど、細い峠道を走り、ロープウェイ乗り場に。
乗り継ぎもスムーズで、ロープウェイを10分ほど乗り、いよいよ山に。


フォト


フォト


フォト


バス、ロープウェイ往復で3800円やったかな。
山に入ると標高が2000超えてるだけあって涼しかった。


雪も少し残っていた。

フォト


いきなり急な登り!
今回の一番の難所やったかな???

フォト


そこを超えるとなだらかな道が続き、気持ちよかった。
途中、看板を見間違えて道を間違えたが、ベルが早く気付いてくれて助かった。
頼もしい方です。

フォト


フォト


なんも、準備してない自分が情けないやら、、、甘えてました。
道を修正し、宝剣岳付近に。
山小屋があってりして、安心な感じ。
ガスが多く、宝剣岳は明日にって事で、先に進む。

中岳を経て、目的の駒ヶ岳のテント場に。
時間も早いこともあり、テントをたてる事に。


フォト


フォト


たてて、駒ヶ岳に向かう。
頂上はやはり気持ちいい!


フォト


フォト


ちょっと満喫して、テント場に。
2時くらいだったけど、軽く宴会。


フォト


フォト


フォト


フォト


本格タイカレーが、辛くて、匂いがきつくて、おいしかったのか・・・??w

で、2時間くらい昼寝。

寝てるとテントが濡れていることに気づく!
よく調べると、ハイドロを凍らしてきた為の結露の水だった。
結露にしては凄い量だった。
今後気をつけよう。

晩宴会。
ガスが多く、空さえ見えない状態で寒く、早めにきりあげたが、楽しかった。


テントに入り、永遠の0をランタンの光の中読む。


フォト


いい時間だった。

がランタンの電池が切れて、まだ読みたかったが寝る事に。

最初は寒く、ぞう足を履いたりしたけど結局、暑くなって脱いで寝てた。


朝4時に起きて、御来光アタック!
ガスも無くなりいい天気っぽい中を駒ヶ岳頂上を目指す。
雲がかかっていて、最高の御来光とはいきませんでしたが、やはり綺麗でした。


フォト


フォト


フォト


テント場までおり、朝食。
なんやかんやで、景色が綺麗だった。


フォト


フォト


早く帰れるように、帰路に。

帰りに宝剣岳に登る予定でしたが、天気がイマイチなのと、混雑してそうなので、自分はやめて、荷物をみとく事に。
たかしも同じくって事で、ベルとアフロでアタック。

フォト


フォト


やはり混んでいたみたいで、ほんとの頂上にはいけなかったようでした。

難所だったとこを下る。


フォト


道が狭く、登ってくる人も多く、下りにくかった。


で、ロープウェイ乗り場に到着。
待ち時間なし!
混雑時は、2時間待ちもあるらしい。
今回はついていた。

ロープウェイに乗り、バスにも順調に乗り継ぎ、10時ごろに駐車場に。
お土産を買い、帰る事に。

コンビニにより、せっかくだからご当地物でも食べようって事で、ソースカツ丼を。
少し並んでた店に、オープン11時と同時に入店。


フォト


かなり美味しかった。
帰りには、行列が出来ており、有名な店だったみたいだ!
これも、ついていた!

ナビ通りに帰る。
渋滞する事もなく、順調に帰り、アフロ、ベル、たかしを送って帰ったのが3時過ぎくらいだったかな?
少し片付けをして、京橋の鳥貴族で打ち上げ。

ほんと綺麗でしかもそこまでしんどくなく、いい山&登山でした!
しかし、次の日に悪天候のせいか、同じ所らへんで遭難者が出て数名亡くなっています。
山は気をつけないといけないです!
関連記事

0 Comments