アクションカメラ Contour+2

そろそろアクションカメラに手を出してみよう!って事で、屋久島に行く機会に買ってみました。

いろんなメーカーから出てます。
有名どころでいくと、
GoPro
なんか、角ばったデザインが好きになれないかな・・・
sony
デザイン的に少しなのと、電池を替えたりできないので・・・
電池交換出来たりすれば候補に上がっていたかも・・・
Panasonic
新製品も出て、ほしいと思ったけど、電池が交換できない・・・
でも、良さそうなのでちょっと後で後悔だったり・・・

で、結局選んだのが、
CONTOUR

正直こんなメーカーがあるのは知らなかったけど、ネットとかで調べると意外と良さそう。

何機種かある中で、選んだのが、
Contour+2

すごく悩みました・・・
ContourROAM3と。
ROME3の方が新しく、しかもそのままで防水機能付き。
でも、+2は、
防水機能はないものの、防水ケースが標準で付いてくる。
機能も、GPSが付いていたり、Bluetoothでスマホと繋いで、画像を確認出来たりと、ちょっと高機能。
なにより、+2はバッテリー交換タイプなので、バッテリーを交換して長時間使用する事ができる。
ROME3は内臓バッテリーで、取り外しできませんが、他のメーカーに比べると録画時間は結構長いです。
でも、バッテリーが交換できる、できないは大きな問題かと。

自分の使用方法を考えると、+2かなと!
山や自転車で使う事が想定されるので、動きがわかるGPSがあった方がおもしろいかな。
スマホで画像確認しながら、設置もできる。
防水機能がないが、防水ケースをつければなんとかなる。
山や自転車などで使うとなると長時間使用が考えられるので、内臓バッテリーよりも交換できる方がいい。

って事で、+2を購入しました。

箱ですが、かっこいい!

conhako1.jpg

conhako2.jpg

conhako3.jpg

conhako4.jpg

なんか開く様になっていてかっこいい!

conhako5.jpg

中身は、

conhako6.jpg

こんな感じです。

本体と防水ケースです。

conhako9.jpg

防水ケースは少し大きいかな・・・
でも、すべてのボタンにアクセスできる様になっているようで、大きさを気にしなければ実用性ありありです。

防水ケースにいれて、付属品と、

conhako8.jpg

カメラ本体だけを入れる小さなポーチがあったり、カメラのレンズカバーがあったり、ちょっとしたマウントも付属していたりで、ほんとちょっとしたところも、親切な感じです。

本体です。

conhon1.jpg

conhon2.jpg

デザイン的にもいいです!
角ばった感じもなく、シンプルな感じ。
SONYに近いデザインとも言えるかな・・・

裏はこんな感じ、

conhon3.jpg

円状の真ん中の方が、ボタンになっており、撮影前にGPSのみをONにして、GPS情報の取得のタイムラグを無くす事ができる様になってます。なんか親切な機能!

円状の部分を上にズラす様にスライドさせると、内部にアクセスする蓋が開きます。

conhon5.jpg

conhon4.jpg

端子として、USB・HDMI端子があります。
USBは、バッテリー充電と、パソコンとの接続ができます。
この二つの端子に関しては、蓋を閉めたままでもアクセスできる様になってます。
ほんと考えられています。
録画を開始してからUSB端子を接続すると、充電しながら録画できるそうです。
電池の心配がいらないですね。

後、microSDカードスロットがあります。
32GBまでしか使えないのが残念ですが、バッテリーの持ちなど考えると、十分かもしれないです。
小さな「Format」ボタンがあります。
長押しする事で、SDカードを初期化する事ができます。
音がなる設定にしていれば、ビープ音もなり、初期化されたかどうかもわかりやすいです。
音を消していてもLEDが点灯するのでわかります。

「1と2」のスイッチがありますが、画質モードなど、2つの設定をそれぞれに設定でき、スイッチを切り替える事で、簡単に2つの設定を切り替える事ができる様になってます。
これもすごく親切機能です。意外と便利です。

長細い部分で黄色のレバーの様なものがあるところが、取り外し可能なバッテリーです。
レバーで固定されており、安定してます。

カメラ上部は、

burubota.jpg

大きなスライド式、録画開始スイッチがあります。
よく使うスイッチなので、大きく便利です。
手袋など付けていても、問題なく動かせます。よく考えられて設計されています。
しかも、中央部に、ロックスイッチも付いており、誤動作を防止してくれます。
うっかり、録画開始したとか、録画終了したって事がない様になってます。
ほんと親切!!
Bluetoothボタンもあり、簡単にBluetoothもONできます。

本体はこんな感じで、ある意味シンプルで高機能です。

せっかくバッテリーが交換できるので、予備バッテリーも購入。

conjyu.jpg

輸入販売品なのかな・・・
バッテリー2つと急速充電器です。
充電器があれば、本体でUSBで充電する必要がなく、これもまた便利で買って良かったです。

今回、ハイキングで使うのと、今後、自転車でも使用するかもしれないので、取付アクセサリーがセットになった、
OUTDOORマウントキット
も同時に購入しました。

conout1.jpg

conout2.jpg

中身は、

conout4.jpg

ベルトで頭に固定するマウント。
自転車など、バーに固定できるマウント。
帽子に取付できるマウント。
と、
防水ポーチが入ってました。

conout3.jpg

防水ポーチに今回買った、本体・充電器・予備バッテリーなどすべて入るので、ひとつにまとめて持ち運ぶ事ができて便利です。

マウントに関しては、帽子用と、自転車用を使ってみましたが、全く問題なく使用できます。
よく考えられて作られているなぁと思います。
自転車用は、ほかのメーカー等も色々出していますが、帽子に固定できるマウントは珍しいと思います。
帽子マウントがあるのも、購入の決め手になりました。

長時間使用する事を考え、同時にmicroSDカードも購入。

sd32.jpg

2枚購入。

買ったものの、持ち運びが大変って事で、microSDカードケースも購入。

sdkesu.jpg

sdkesu1.jpg

名刺入れケースみたいな感じで、スリムでいいです。

が、もうちょっと持ち運びを便利にしたいって事で、もい一種類購入。
キーホルダータイプ。

sdkih.jpg

sdkih1.jpg

sdkih2.jpg

microSDカードがきっちり2枚入るキーホルダータイプです。
2枚だけ?って感じですが、すごくコンパクトに収まっており、小さく便利です。
本体に付いていた、本体用ポーチに付けてます。
いざって時でも、すぐ取り出せるので、ほんと便利です。
買って良かったです!

使い方に、関してですが、本体はほんとシンプルです。
2、3回使えば、問題なく使えるようになると思います。

Bluetooth機能ですが、ペアリングさえ出き、スマホにアプリさえインストール出来れば、簡単に接続できます。
iPhoneだと、本体のBluetoothをONにすると、少したってから自動的に専用アプリが立ち上がりますので、超便利。
ペアリングを1回すれば、あとは、ほんと簡単です。
アプリでは、画像の確認ができる他、録画の開始が出来たり、嬉しい事に、撮影モードなど、細かい設定も出来ます。
便利です。
本体にあまりスイッチがなく、シンプルで細かい設定が出来ないですが、スマホがあれば簡単に変更できます。
考えられてます。
iPhoneでの、画面キャプチャー数枚、

IMG_7708.jpg

画面を確認出来ますが、綺麗とは言えない感じですが、どういった感じで録画出来てるかは確認できるので問題なしです。

IMG_7709.jpg

IMG_7710.jpg

IMG_7711.jpg

IMG_7712.jpg

IMG_7713.jpg

パソコンとの接続も簡単。
専用ソフトをインストールするだけ。
USB接続すると、ストレージとして認識されるので、
専用ソフトがなくてもMP4ファイルなので、動画再生ソフトでも確認できます。
GPSと連動となると、専用ソフトじゃないとだめです。

saisei.jpg

使いやすく、わかりやすいです。

また専用ソフトでも本体の設定ができます。
スマホで繋ぐより細かい設定、LEDを消したり、ビープ音を消したりもできます。

settei.jpg


で、録画画質の方ですが、YouTubeに色々あげていますので、確認してみてください。
ちょっと余計な動画もありますが、お許しを・・・w

YouTube

ギターネックに固定して撮影なんかもしてみました。
使ったのが、この三脚。

zsan1.jpg

タコの様な奴。

Contourには、三脚用の穴もあるので、固定出来ます。
これまた便利。

zsan2.jpg

三脚にセット!

zsan3.jpg

そして、ギターネックにセット!

zsan4.jpg

こうやって色々な使い方ができ、可能性が広がります。
音質にかんしては、イマイチかもしれませんが、自分では納得かな・・・
人の声が聞き取りにくかったり、初期値の設定だと録音レベルが低いなどありますが、まぁ満足です。
なんと、底面に外部マイク接続端子もあるので、音が気になる場合はマイクを接続してみてもいいかもしれませんね。

sokosokoiya.jpg

今回、テストはしてませんが、きっと本体より綺麗に録音できると思います。

そんなこんなで初のアクションカメラ。
これから、色々進歩していく分野だと思いますが、現時点で大満足です。

出来るだけ持ち出し、色々撮影したいと思います!
関連記事

0 Comments