IF関数を利用して「TURE」「FALSE」をわかりやすく表示

IF関数を使う事で、表示をわかりやすくできる。

論理式
NOT(A=12)
真の値
"12と同じ"
偽の値
"12と違う"

式にすると
=IF(NOT(A=12),"12と同じ","12と違う")
[結果]
(A)
12   12と違う
12   12と違う
23   12と同じ
25   12と同じ

NOT関数を使っているので、結果が逆になる!
関連記事
  • IF関数
  • NOT関数

0 Comments