イメージビューに画像のイメージデータを作る


//カエルのイメージデータを作る
UIImage *frogImage = [UIImage imageNamed:@"frog1.png"];


イメージビューを作成しても、そこは無地のビューです。
そこに画像を表示するには、あらかじめプロジェクトに読み込んでいた画像から、
UIImageクラスのイメージデータを作る。

作ったイメージデータを、イメージビューの
frogViewのimageプロパティに設定する。
↓↓↓

//イメージビューにカエルのイメージを設定する
frogView.image = frogImage;


イメージ的には、

空っぽのイメージビューを作る

画像データを読み込む

空っぽのイメージビューに、画像データを入れる

画像の入ったイメージビューができる




関連記事

0 Comments