iOS SDKのレイヤ

iOS SDKにはどのようなフレームワークがあるか理解する事が重要です。
またメモリ管理に関してもアプリを開発していく上で重要な要素となります。

フレームワークを知る為にはまず、4つのレイヤを理解しないといけない。

Cocoa Touch
Media
Core Services
Core OS


上から上位レベルです。
上位レベルのフレームワークは下位レベルの機能を扱いやすくするために用意されたものです。
上位レベルほど、iOSアプリと直接的な関係性が強くなります。

各レイヤの役割

Cocoa Touch
iOSアプリを作成するための主要なフレームワークが含まれる最上位レイヤ。
UIを構築するフレームワークや、iOSアプリ実装に必要不可欠な機能を実装そたフレームワーク、マルチタッチやカメラ、加速度センサーなどといったモバイルならではの機能を実装したフレームワークが含まれる。

Media
グラフィックスやビデオ・音楽再生などといったマルチメディアに関する機能を提供するレイヤ。
グラフィックスの描写やアニメーション、動画、静止画、音楽、メディアファイルの再生・保存、AirPlayによるストリーミング配信のような機能を実装したフレームワークが含まれる。

Core Services
アプリケーションから使用可能なサービスが実装されているレイヤ。
BluetoothによるP2Pサービス、iCloudストレージサービス、メモリ管理サービス(ARC)、SQLiteデータベース、In-App Purchaseなどの機能を実装したフレームワークが含まれている。

Core OS
他のほとんどのテクノロジーを土台とする機能を提供する、最下位レイヤ。
スレッド処理、ネットワーク通信、Bluetooth通信、ハードウェアアクセサリの制御、データセキュリティ保証などの機能を実装したフレームワークが含まれている。
関連記事

0 Comments