ドラッグした移動距離を画像の中心座標に加算する


//ドラッグした移動距離を画像の中心座標に加算する
CGPoint homeLoc = self.gazou.center;
homeLoc.x += translation.x;
homeLoc.y += translation.y;
//アザラシの座標を更新する
self.azarashi.center = homeLoc;


「+=」という見慣れない数式があります。
a += 3

a = a+3
同じです。

移動した座標を足していく形になるので、「+=」を使ったほうが便利です。
もし使わなかったら、
homeLoc.x = homeLoc.x + translation.x
となる。

上の式で、移動した座標を加算していけ画像は動くのですが、ドラッグの開始位置からの移動量となるので、ズレがどうして生じてしまいます。
なので、
[sender setTranslation:CGPointZero inView:self.view];
↑の記述で、移動開始位置「CGPointZero」にリセットしなかればならない。
関連記事

0 Comments