iOSアプリ開発案件の今後の展望

iPhoneに関しては、新しい技術と積極的に連携するアプリが増えると思われます。
街中のデジタルサイネージと連携、車と連携、iWatcgなどのウェアラブルデバイスとの連携など、様々な用途が考えられ、様々な可能性があると思われます。

iPodアプリに関してはiPhoneに比べると少ないですが、
・博物館などの施設での展示物やナビや説明
・倉庫などでの商品管理
・外回りの営業での顧客との商談
などに使われると思われます。
関連記事

0 Comments