iOSアプリ開発案件の概要

iOSアプリの開発において多くなっているのが、webサービスのスマホ化、キャンペーン用アプリの開発です。
また、新しい技術を使ったアプリのニーズも増えるとおもわれます。
・ジオフェンシング
地図を利用したアプリ
・AR(拡張現実)
人間が知覚する現実環境をコンピュータ上で可能にする、カメラを利用したりする
・iBeacon
iOS7で導入された近距離無線通信技術、クーポン・プッシュ通知など可能

案件に対する顧客の要望の変化
プラットフォームなどをよく調査し、作り方や機能に対して、より具体的な要望を出す顧客が増えてます。
アクセス数・ダウンロード数に目的値を設定する顧客もいます。
マーケティング・販売促進などに対する顧客の要望が増えているわけです。
開発期間も短くなっています。
iOSのバージョンアップの間隔が狭くなった、市場の動きが活発である事が、理由になってます。

クロスプラットフォーム開発の問題点
アプリを開発するなら、Android、iOSでも動くものが欲しいと思う事は自然な事です。
事実、クロスプラットフォームを利用した開発も増えてます。
が、Androidらしさ、iOSらしさが出ないという問題があります。
デザインに関しても、UIデザインが合わない可能性もあります。
後、思ったパフォーマンスが出ないという大きな問題もあります。現在はかなり改良されてますが、結局ネイティブで作り直すなら、最初からネイティブでっていう見解が多数を占めています。
HTML5を使ったハイブリッドアプリは、現在パフォーマンスが十分でないので、敬遠されていますが、今後は増えていくとおもわれます。
関連記事

0 Comments