小笠原諸島 6日目 2021.2.4


お腹の調子が悪くて何度も起きてトイレに行ったり・・・
また、揺れでなんとなく起きたり・・・

みたいな感じもありつつ、Garminの目覚ましで朝起きる。

眠気覚ましにシャワーに。
朝6時頃だったのでさすがに人がいない感じ。

シャワーを浴びて、最後の朝陽でもみようとデッキに向かうが、強風と海が荒れているのか外に出れない状態・・・

おがさわら丸 朝陽

窓からちょっとだけ見れる朝陽が綺麗だった。
最後にちょっと残念だなぁと思いながら・・・

する事もないので、ベットに戻り朝食までゆっくりすることに。

お腹の調子が悪いけど、最後のフェリーでの朝食・食事になるので食べたいなぁとw
朝食の時間までゆっくりベットで過ごす・・・

朝食の時間になったのでレストランに。

行きのフェリーで洋食を食べたので、帰りは和食と決めていたので和食を選択。

食事が出てくるまで待っていると、一緒にバイクに乗った女の方と遭遇。
よく会いますねって感じでちょっと立ち話をしたり。

海の見える席でのんびり朝食。

おがさわら丸 朝食 和食

おがさわら丸 朝食 和食

生卵が付いており、卵がけご飯ができたのは良かったけど、やっぱお値段の事を考えると・・・

食事を終えレストランを出ましたが、お腹の調子がまだ微妙なところもあったので、お腹を温める為に普段はあんまり飲まないホットコーヒーを飲もうって事で売店に。

売店でコーヒーをゲットして、せっかくなので展望ラウンジでゆっくり飲もう!って事で展望ラウンジに。

すると、さっきレストランでも会った女の人がいて、横に座られせもらって一緒にコーヒーを飲みながら会話。

1時間以上喋ったかな・・・
たっぷり時間のある船内だったので、時間を忘れていっぱいおしゃべりした気がする。

今回の旅の話以外にも、色々な旅行の話やちょっとしたプライベートの話なんかも。
なんか時間を忘れてゆっくり話をした感じがする。

あまり時間を貰うのも申し訳ない感じもあったりで、お互いあまり気を使った感じもなく解散したかな。

ベットに戻りボーッとするのも良かったのですが、せっかくパソコンも持ってきてるし、ネットが繋がってなくても、今回の旅の動画を編集したりできるなぁと思って、パソコンを持ってさっきまでいた展望ラウンジに戻る。

席に座り、ちょっとイキった感じでMacBookを触る!
できる男感がかなり出てたと思う!w

でもやってることは、動画の編集。
時々後ろを通る人がいたけど、こいつ何してんねん!暇やの〜って感じでしょうねw

まぁそれでも、自分ではオシャレなできる男感を感じながら編集作業をするw

編集と言っても、簡単な切った貼ったですw
でも、ノートPCでも気軽に簡単に動画編集ができるってなんかすごいよな。
しかも、2014年のMacBookProやのに!

パソコンの性能とソフトのおかげで、いい感じで編集ができるのですが、なんとなく気持ち悪さが・・・
多分、船酔い・・・
パソコンの画面を見てるので特になんでしょうね。

念のために酔い止めを飲んでいたのと、元々船酔い系に強くて良かったなぁと思ったのですが、そうじゃなかったら、かなり厳しかったかな。

動画の編集もキリがよく、ちょっと気分も悪くなってきたのもあり、ベットに戻る事に。

ダウンロードした映画を見ながら、ほぼ寝ていたような気がする・・・

14時過ぎに目覚め少し動き始める。
本来の到着時刻は15時ですが、悪天候の影響もあり30分遅れでの到着との事。

船の中は、もうすぐ到着って事もあり慌ただしい感じが少し・・・

散歩がてら、ちょっとデッキに出たりしてから到着に向けての荷物の整理。

おがさわら丸 客室 ベット

整理もすぐに終わったので、再びデッキに。

都会の景色が広がっている。

おがさわら丸 東京 景色

海を見ると、残念だけどかなり汚い・・・
ああ、綺麗な自然満載の小笠原諸島から都会に帰ってきたんだぁと実感・・・

出発の時は、この景色も新鮮で始まりを予感する感じでテンション高く見ていたのになぁ・・・なんて思いながら。

到着時間がせまると、船内放送で部屋での待機のお願いが。

しばらく待機し、竹芝ターミナルに到着。
いよいよ船から降りる。

あぁ終わりだなぁと思いながら・・・
ベタな気持ちだけど、長いようで短かったなぁなんて思いながら。
でも楽しかったし、貴重な経験や体験もできたし、ゆっくり自由気ままにできたなぁと思ったり!w

船を降りる。
最後におがさわら丸を!

おがさわら丸 東京 到着 竹芝

長い船の旅も小笠原諸島への旅行の醍醐味だったよな。

フェリーを降りてすぐの場所で、今回色々と一緒になった人に一言でも挨拶できればと思い、ちょっと待ってみることに。

すると、今回の旅でツアーなどでずっと一緒だった、4人と合流できた。
集合写真なんかも最後に撮ったりで、最後の最後も一緒になれたのが本当に良かった。
男性の方となかなか連絡先を交換するタイミングがなかったのですが、ここでLINE交換もできて良かった。

浜松駅まで一緒に歩く。

この4人がいたから楽しい旅になったんだろうなぁと噛み締めながら。

駅に到着しそれぞれの方面に。
なんか別れはあっけないよな・・・・
でも、ひとりになると胸が締め付けられるような、こんな時によくなる感情に包まれる。

まぁ、お互いの連絡先も交換してるし、また何かの縁があればいいかなぁと思う。
旅は人との出会いも大事な要素だと改めて思えたのと、素敵な出会いに感謝です。

ひとり品川駅に向かう!
フェリーを降りてすぐに、スマートEXで新幹線を予約したのですが、ギリギリぽかったので1つ遅い便に変更。
スマホで簡単に移動中でもできるって凄いよな!
小笠原諸島だと考えられない事なのに、便利さに慣れてしまっているよな。

品川駅に着くと、予約を変更しなくてもギリギリ新幹線に乗れた感じだったけど、まぁ変更しておいて良かったかな。

缶コーヒーを買って新幹線に乗る!

小笠原諸島 帰り 新幹線 品川

新幹線では、フェリーでよく寝たのか眠くなく、ずっと今回の旅のおさらいをしてた。
編集した動画を何回も見て、ニンマリしたりw

そんなこんなで、新大阪に到着し僅かな帰路を経て無事自宅に到着し、今回の旅は終わりました。


コロナの影響で海外旅行が行けない状況になった事で候補としてあがってきた小笠原諸島の旅。
フェリーで片道24時間、しかもフェリーの便が約週1便しかなく、1度行くと簡単に帰れない場所。
この不便さが逆によく、価値があるのかもしれませんが、なかなか簡単にはいけないところです。
そこに行けたって事は、理由はどうあれ本当に良かったです。
最低でも6日間と、長期休暇などがないと行けないところでもありますし!

時間をかけてまで行く価値は充分あったと思います。
逆に価値があがってます!!!

自然は綺麗だし、島の人は優しいし、ゆったりとした時間を過ごせた。

今回、ほぼひとりぼっちで寂しい旅になる覚悟をしていたのですが、現地で色々な人との出会いがあったのも良かったです!!!

ずっと何かと一緒だった男性の方。
最初はお互い緊張してる感じがあったけど、いて当たり前みたいな感覚に。
写真を撮る時の笑顔がほんと素敵で、ほんと楽しいんだなぁと感じ、なんか可愛かったのが印象的でした。

ツアーが一緒で、食事も一緒に行ってくれた女の子。
最初は若い女の子がいる!って事で緊張と喜びがあったのですが、おっさんの相手なんかしてくれないやろなぁと思っていたのですが、仲良くしてもらえましたw
ドルフィンスイムでの動画が綺麗に撮れた事により、会話が増え仲良くなれたので、ほんとイルカに感謝とイルカの動画を運よく撮れた事に、自分の変な運の良さを感じますw
イルカには不思議な力があるとはよく言ったものです!!!www
ご飯の誘いも付き合ってもらい、しかも色々話してくれたのは嬉しかったです。

バイクで2人乗りしてくれた女性の方。
海のツアーで揺れる船の中、姿勢良く上品に座っている方で、自分と違ってかなり育ちがいいんだろうなぁってのが第一印象。後々話を聞くと、なるほどって感じの職業だったり・・・
何度もいろんな場所で出会い、コーヒーを飲みながら今回の旅でいちばん喋ったかもしれない。
何より、バイクで2人乗りで一緒に海沿いの気持ちいい道を走れたのがいい思い出!!!

2日間、ガイドをしてくれた女の子。
小さくて可愛らしい女の子。
この子のお陰でほんと素敵な旅行になった気がする。
なんかいい意味で友達感覚で入れるし、程よく笑い合えたりで。
森ツアー中の大雨での雨宿りが忘れられない思い出になりそう!
一生懸命色々を説明してくれているのを、ちょっとノリでチャカしたりしたのが後で申し訳なかったかなぁと思ったり・・・
最後の日にウェザーステーション展望台で会った感覚が不思議で今もどこか気になる感じ。
出港の時の元気な姿には感動と感謝しかなかったです。
今も小笠原で頑張っているんだろうな・・・色々ありそうだけど応援したくなる女の子でした。
もしまた小笠原に行くことがあれば、またガイドをしてほしい。

他にも、宿の方や他でのツアーのガイドさん、全てがいい人でいい旅の思い出です!

日常に戻りつつありますが、この旅で感じた事を思い出し、出会った人の事を少しでも想えたらいいなぁと思います。

旅には別れなど少し哀愁が漂う場面がありますが、それを含め、それを超える素敵なものがあると改めて実感。

小笠原諸島という最高のロケーション、人との出会い・優しさに感謝です!!!


関連記事

0 Comments