ホテルニューアワジ

関西なら誰もがCMで見たことあるのかな????
お馴染みの


に行ってきました。

淡路島に住んでいたり、何度も訪れているのですが存在は知っていたけどあまり意識してなかったホテルです。

今回、初めて泊まってみて高級旅館?ホテル?なんだと認識しました!

全てが良かった!!!!
って感じです。

景色ローケーションは最高でした。

部屋は少し古さを感じますが、素敵。

ホテルニューアワジ 部屋

ちょっとしたこの古さみたいなのが良いんですよね!

で、部屋からの景色が!!!!

ホテルニューアワジ 部屋 海

窓の外は全面海って感じ!!!

ホテルニューアワジ 部屋 眺め 最高

ホテルニューアワジ オーションビュー

しかも、これでホテルの4階です。
12階まで客室があったので、上の階になると更に良いのかもしれません。

しかも朝は、朝日が正面から登るんですよね!
部屋でゆっくりくつろぎながら、のんびり朝陽を眺める事ができる素敵なロケーションです。

タイムラプスで撮影してみました!



なかなかの絶景でした!!!!
夜に少し雨が降ったみたいで、空気が綺麗になったのも良かったかも!

温泉も最高でした!
温泉施設が3つあり、ひとつは海との境がわからない様な温泉になっており、相当な開放感!!!!

残り2つも、独特の温泉があり楽しめますし、海を感じながらゆっくりできます!

温泉から出て少しホテルの周りを散歩したのですが、かなり良い感じ!!!

ホテルニューアワジ 景色 絶景

ホテルニューアワジ プール

南国を思い出させる感じ!
今回は寒い時期だったのですが、暖かい時にきたらハワイに来てるような感覚になれたんじゃないかなぁと・・・・!

ホテルの最上階、屋上の様なところは足湯が無料で入れる様になっており、そこからの景色が最高!

ホテルニューアワジ 足湯 眺め

ホテルニューアワジ 屋上

足湯に浸かりながらのんびり海を眺める事ができます!

また、貸切露天風呂も数カ所あり、この景色を独占しながらゆっくり入浴できます!

ホテルニューアワジ 貸切露天風呂

温泉に関しては、今までの旅館の中で間違いなく一番よく、いろんな種類がありました。

露天風呂付きの部屋もあるみたいなので、温泉に関しては完璧ですねw


料理も良かったです!
ゆっくり部屋食なのが更に良さが増す感じです!

夕食のメニューはこんな感じ!

ホテルニューアワジ 夕食 メニュー

ホテルニューアワジ 夕食 部屋食

料理の写真を一気に・・・

ホテルニューアワジ 夕食

ホテルニューアワジ 夕食

ホテルニューアワジ 夕食 ビール

ホテルニューアワジ 夕食 造り おつくり

ホテルニューアワジ 夕食 伊勢海老

ホテルニューアワジ 夕食 お刺身

ホテルニューアワジ 夕食 伊勢海老

ホテルニューアワジ 夕食 アワビ さしみ

ホテルニューアワジ 夕食 アワビの柔らかに

ホテルニューアワジ 夕食 伊勢海老 煮物

ホテルニューアワジ 夕食 アナゴ飯

ホテルニューアワジ 夕食 茶碗蒸し

ホテルニューアワジ 夕食 松茸

ホテルニューアワジ 夕食 鯛そうめん

ホテルニューアワジ 夕食 淡路牛

ホテルニューアワジ 夕食 お吸い物

ホテルニューアワジ 夕食 美味しい

ホテルニューアワジ 夕食 最高

器も素敵で高級感があるし、
何より一品一品丁寧な仕事がされてるのが感じられ、更に美味しかった!

贅沢してる感が半端なかったw

朝食も部屋食!
なかなか珍しい感じじゃないかな・・・
朝食は食堂って旅館が多い中、朝からゆっくり食事が出来て良かった。

またまた、料理の写真を一気にw

ホテルニューアワジ 朝食

ホテルニューアワジ 朝食 部屋食

ホテルニューアワジ 朝食 玉ねぎサラダ

ホテルニューアワジ 朝食 豪華

ホテルニューアワジ 朝食 湯豆腐

ホテルニューアワジ 朝食 湯豆腐 部屋食

ホテルニューアワジ 朝食 汁物

ホテルニューアワジ 朝食 味噌汁

夕食と同じで、職人さんのこだわりが感じられる料理ばかりで、贅沢で優雅な食事の時間を朝から過ごせました!

料理全般的に、淡路島を感じさせる物があり淡路島に来た事を堪能できました!
玉ねぎのサラダは、ほぼ生の玉ねぎなのに刺激がなく甘味たっぷりで、淡路島でしかも職人さんの腕がないと味わえない感じがしました。

と言うわけで、1泊でしたがかなりゆっくり優雅に素敵な時間を過ごす事ができました。

まぁこんだけ素敵で高級感たっぷりなところなので、お値段はそれなりに高いです・・・
今回は、GoToトラベルがあったので思い切って利用する事ができましたが、自分に見合わない贅沢をした感じです・・・

いつかまた、記念日や自分のご褒美の時などに来れたらいいかなぁって感じです。
できれば、お世話になった人を招待なんかできたら最高でしょうね・・・


関連記事

0 Comments