iOS Developer Program

実機でアプリを動かしたり、アプリを公開するには開発者ですって事で登録しないといけない。
有料です。
無料もありますが・・・

大きく分けて3種類ある。

iOS Developer Program(Standard Program)
年間 8400円
個人と法人があり、法人の方が登録に多少手間がかかるが、チームで開発する予定があるなら法人で登録した方がいい。
チームと個人との差はあるが、基本、AppStoreでアプリを配布する、実機テストができる。

iOS Developer Enterprise Program
年間 24800円
法人専用で、社内で専用にアプリを、Appleの審査なしに配布する事ができる。

iOS Developer University Program
無料
大学や高等学校など、教育機関向けのプログラム。
カリキュラム(授業)にアプリケーションの開発を導入する時よう。


開発し、公開するには、どちらにしても有料のDeveloper Programに参加しないといけない。
個人・法人と悩むところですが、これは自分のスキルや考え方なのかと思います。

Developer Programに参加すると、プレリリース(開発中の)OSに関する情報やSDKが提供される。
ライセンス契約上、秘密保持契約をAppleと結ぶので、秘密を守る義務なんかも発生します。

いつか自分も登録したいです。
いつになることか??
しないで終わる事がないようにはしないとwww
関連記事

0 Comments