スピンバイクのケイデンス・スピードセンサーを交換

スピンバイクのケイデンス・スピードセンサーを交換しました。

わざわざ交換しました。

以前にスピンバイクを購入してすぐに、ログ管理やZWIFTがしたくて取り付けていたんですが、わざわざ交換です!

過去ブログ

もうセンサー取付が終わっており、ZWIFTも問題なく使用できているのですが、
わざわざ今回交換したのが、



前回取り付けたのが、


ほぼ一緒で何が違うの????
って感じですが、
センサー情報を各デバイスにワイヤレスで飛ばすのですが、そのワイヤレスの規格が違います。

新しいのは、
ANT+
という規格。

古いのは、
BluetoothSMART
という規格。

なんで交換したかというと・・・
簡単にいうと、
だと、ForeAthlete 935とうまくペアリングできなかったからです・・・

何故かできないんですよね・・・
センサーの追加はでき、ForeAthlete 935で認識はするのですが、何故かアクティビティをスタートすると接続されず認識しないんです・・・

Garminに問い合わせしたら、全てのセンサーの保証はしてないとの事。
センサーメーカーに問い合わせてとの事でした。
そりゃそうですよね、全てのセンサーとの相性を把握はできませんよね・・・
で、MINOURAにもメールで問い合わせをしたのですが、全く返事なしです・・・
1回知らない番号からの着信があったので調べるとMINOURAの様でしたが、ワン切りみたいな感じだったで、掛け直しもしてませんw

何故、ForeAthlete 935とペアリングしたかったというと、
ZWIFTを卒業しようかと思ったからです。
なんか自分には合わないんですよね・・・・
ZWIFT・・・
まぁスピンバイクってのもありますし。

スピンバイクに乗ってる時は、AmazonプライムビデオやYouTubeを見ながら、こいでるのもあります。

ZWIFTにセンサーをペアリングすると、各データのログも取れて、各サービスと同期が取れて良かったんですが、
月に1500円ってのがちょっと高い様な気がして・・・

そこで、ForeAthlete 935でセンサーを情報を受ければ、ログはGarminで管理できるじゃないか!
しかも無料!!!!
で、手間もかからずスムーズに、トレーニングが開始できる!

スピンバイクを導入した理由に、
手間をかけずにトレーニングがすぐ出来る!
って事だったのに、ZWIFTをする為に心拍計を取り付けたりと、ちょっと面倒だったりしたんですよね。

ここは
シンプルに簡単にトレーニング!
って原点に戻ろう!
って事で、ForeAthlete 935とのペアリングを試みたのですが出来なかったので、
今回わざわざセンサーを交換したんです!!!

ZWIFTをiPhoneなどで使用するには、iPhoneが対応しているBluetoothSMART規格のセンサーが必要ですが、もうZWIFTは使わないつもりだし、ペアリングがおかしいのはもしかして規格のせいかと思い、今回わざわざ購入して交換した訳です。

長々なりましたが、それがわざわざ交換した理由ですw

早速アマゾンで購入、到着!

スピンバイク ケイデンス・スピードセンサー

以前は白い箱でしたが、今回は黒い箱。

中身も、ほぼ一緒。

スピンバイク minoura ケイデンス・スピードセンサー

センサー本体だけが違う感じ。

説明書も一緒かな。

説明書 minoura ケイデンス・スピードセンサー

説明書 ミノウラ ケイデンス・スピードセンサー

早速交換です。

交換前

スピンバイク ケイデンス・スピードセンサー

交換後

スピンバイク  センサー 取り付け

ただセンサー部のロゴが変わっただけです!w

台座もそのまま、なんだったら適当に使用している養生テープもそのままですw

で、肝心のForeAthlete 935とのペアリングですが、すんなり問題なく完了し、問題なく使用できました。

今までの苦労はなんだったんだろうと思うくらい簡単でした。

これでForeAthlete 935でログ管理ができます。

ちょっとの間ZWIFTとはお別れして、この仕様でトレーニングしたいと思います!

この仕様でもうひとつのメリットがありました。
最終ログの管理をRuntasticでしてるんですけど、
GarminConnect → Runtastic
は可能ですが、
ZWIFT使用すると、
ZWIFT→ GarminConnect → ×Runtastic×
となるんですよね・・・
GarminConnect が悪いんでしょうが・・・
ZWIFTのデータがどうしてもRuntasticと同期できなかったんですよね・・・

スピンバイクのログもRuntasticで同期管理出来るのもメリットです!!!

ZWIFTとのお別れは少し寂しいですが、また環境が整ったら試してみたいです!

今回、ちょっと無駄にお金がかかった感はありますが、無事自分の思い通りにできて良かったかな!!!

余ったセンサーも、きっとまた使う機会があるはずと信じて・・・

    

関連記事

0 Comments