ビィンディングペダル交換

たまにしか使わないビィンディングペダル。

普段は、普通の靴でほぼビィンディングは使用しないのですが(^_^;)

最近使用する機会が増えましが!(^-^)


そこで気になっていたのが、外しにくさ…
たまに乗るからかもしれないけど、なんか外しにくいんよね…

なので、いざって時の事を考えて早めに外した
り…
また登り坂とかでは、すぐに外せなくて怖かったり…

要は外すのに、すごくストレスだったんですよね(^_^;)

だからあまりビィンディングペダルが好きじゃなかったところもあります。


で、
最近Shimanoから新しい廉価版のビィンディングペダルが出たとの事。
しかも初心者をターゲットにしてるとの事で、外し易いとの事!

廉価版で安いですし、ペダルが外し易いのならば早速試そうと購入!

シマノ(SHIMANO)
SPD-SL ペダル
PD-RS500
SM-SH11付属



すぐに到着!
でも、なかなか時間がなくて、かなりの期間、箱に眠ってました(^_^;)

箱は、



箱を持つと思ったより重くて、交換したら重くなりそうな気がしたけど、結局、感覚ですが少し軽くなった感じです。

中身は、



新しい黄色のクリートも1セット同梱されていました!
そう考えると、かなりリーズナブル!

あまりビィンディングが好きじゃないと言うわりに、家にクリートが3セットほどある状態に(^_^;)


古いペダル外します。



ペダルレンチと六角レンチで、向きを注意しながら外します。

回転するペダルに対して力がかかって締まる方向にネジが切ってあるので、片方が逆ネジになっているので注意が必要!

外してよく見ると、



普通の靴で乗る事が多いので、かなり擦り減ってます。
黒の塗装が剥げて、銀色の鉄がかなり見えてきてます。
長い事使っていたのもあるかな???

新しいのと古いのを並べてみると、



新しい方がカッコいいです!
しかも気持ち軽いです。
以前のペダルが何を選んだか覚えてないので参考にならないですが…
105ならいいか!
くらいの感覚で選んだ様な…(^_^;)

なので、軽さの参考にはならないかもしれませんが、今までついていたペダルよりは、軽く、すべてにおいて良さそうです!

グリスをつけ、あまり締め付けない様に、程よい力でペダルを取り付け。
思いっきり締めると外すのが大変、でも緩いと危険なので慎重に!


取り付け完了し、早速試乗!

1発目からわかる、外し易さ!!!

ほんまかなり外し易くなりました(^-^)

感覚でしか伝えられないけど、ほんま楽チン!
ペダルから外さないと!
と常に心にあった為のストレスから開放される感じ!

普通の靴で乗った時の安定も良くなった感じ!
新しいのもあるかな?
前のが擦り減り過ぎてたのもあるかも?


そうなると、もっと早く交換しとけば良かったと、かなりの後悔(^_^;)

これで、ビィンディングでのストレスも無くなり、ビィンディングシューズでの遠出やヒルクライムが楽しみになります。

ヒルクライムの時は、ほんと怖かったんでね。
ギリギリで踏ん張ってる時に、ビィンディングから外せなくて立ちゴケみたいなイメージしかもてませんでした(^_^;)


軽いからと油断すると、変なところで立ちゴケしそうですが…(^-^)

でも外し易くなり、余計な心配から開放されたのは確かです!

しかも、取り付けもし易くなりましたし!

ちょっと残念なのは、ビィンディングペダル独特の取り外し時の、
パチンッという音が小さくなった事かな…
逆に小さい方がいいか!(^-^)

てな感じで、ビィンディングペダルを交換しただけでかなり快適になりました!

関連記事

0 Comments