centerプロパティの値

座標はcenterのプロパティで取得と設定ができる

centerプロパティはX座標・Y座標持ったCGPoint型の構造体と呼ばれるデータ型

CGPoint型の値は
CGPointMake(x,y)
の関数で作る事ができる。

座標の指定の仕方として、まずX座標が100、Y座標が200の点「pt」を作り、それをラベルなどの値のcenterに設定する
CGPoint pt = CGPointMake(100,200);
self.myLabel.center = pt;

これで、「myLabel」のラベルが座標(100,200)に移動する。


ラベルなどの座標を調べるには

CGFloat cx = self.myLabel.center.x;
CGFloat cy = self.myLabel.center.y;


center.xやcenter.yを使ってそれぞれの座標をcx(X座標)cy(Y座標)に入力している
ちなみにCGFloatは小数点が扱えるデータ型です

取得した座標データから、新たに座標をしてするには、

CGPoint pt = CGPointMake(cx,cy-100);

「cy-100」で、Y座標において上に100動かした事になります。

centerプロパティの設定は、X・Y座標2つを必ず指定したCGPoint型で設定しないといけない

self.myLabel.center.y = 200; //エラーになる

の様なY座標のみだけの設定、などという事は出来ない。
関連記事

0 Comments