デートピッカーで選んだ日付

デートピッカーで選んだ日付はdateプロパティでわかる。

デートピッカーで日付を選択するとアクション接続したchangedDateメゾットが実行される。

その時の引数senderでデートピッカーの値を参照出来るので、sender.dateがデートピッカーで選ばれた日付となる。

ラベルで日付を表示するには、ストリング型(文字型)に変更しないといけないので、stringFromDate:メゾットで変換する。

[例]
self.selectedDate.text = [formatter stringFromDate:sender.date];
関連記事

0 Comments