ホノルルトライアスロン 念の為、レンタルバイクを予約してみた





ホノルルトライアスロン開催中、現地でレンタルバイクできます。

紹介ページ

申し込みページ

念のために予約しました。
あえて念の為です!

本当はせっかくの思い出なので、自分のロードバイクで走りたいです!

でも念の為・・・
最悪、キャンセルを1ヶ月前にすれば、無料でキャンセルできますので。

で、
なぜ念の為に予約したか?

JALに別件で問い合わせしました。

ホノルルトライアスロン開催期間中に、
JALを利用すると、
「JAL自転車無料運搬サービス」と言うサービスが利用できます。
その名の通り、トライアスロン用のバイクの手荷物料金が無料になります。
JALのホームページで飛行機を検索すると、
JAL便とハワイアン航空便がヒットします。
JALホームページでヒットするって事は、ハワイアン航空便でも「JAL自転車無料運搬サービス」が利用できるの?
と、疑問がわいたので問い合わせしてみました。

結論は、
JAL便のみ適用され、ハワイアン航空便は対象外です!

それはそれで、理解でき早めにわかったので良かったですが、気になる表記が・・・

2019年度における当該キャンペーンの実施の有無は未定。
利用希望の場合は、今後ホームページで確認ください。

の様な表記が!!!!

まさか、今年は無くなるの?
無くなる事はないだろうと思うのですが、
JALパックは今年は無さそうですし、なんとなくJAL自身がホノルルトライアスロンに力を入れていない様な気がしないでもない・・・
となると、ほんとにキャンペーンがない可能性も高いかもしれない・・・

もしキャンペーンが無くなるとしたら、
レンタルバイクを考える人が増える事も考えられ、
自分のサイズにあったバイクが、いざって時にレンタルできない可能性が出そうなので、
今回早めに、とりあえず予約だけした感じです。
キャンセルもできますので、様子を見てキャンセルしてもいいわけですから!

実際、キャンペーンが適用されないとしての手荷物料金など調べてないですが、
後で、ゆっくり調べても問題ないですし、何よりも自分のサイズにあったバイクを確保する事を優先!

自分のバイクで走りたい!
と言う欲求もありますが、
自分のはアルミ車ですし、レンタルでカーボン車を体験するのもいいかなぁと思ったりもしますw
輪行箱など買う費用など考えると、トータルでレンタルの方が安く済みそうですし、
ボトルやパンク修理キットなどの備品も充実してますので、準備の心配や手間もいらない。
また、ゴール後すぐに返却できたりと便利そうです!

まぁ、状況で色々と調整可能なので、とりあえず予約!
しといて良かったと思いますし、しないよりしてる方が間違いないでしょう!
そろそろツアーなどの色々な情報が出てきそうなので、それをふまえて今後検討したいです!




関連記事

0 Comments