なんとなく・・・オブジェクト指向

プログラミングを勉強するにあたりオブジェクト指向ってなんだ?って事で色々調べてみた。

なんとなく理解出来たかな?って感じで、説明するのも難しいみたいな印象だった。

少しづつ、アプリ作成していくにつれ、なんとなく理解できてきた。

Xcodeでいうと、「Objectライブラリ」にあるパーツ、
「Label」や「Button」、「Switch」といったパーツが簡単に配置できたり、使用できたりする事なんだろう!
と思えてきた。

違うプログラムを作っても、パーツとしてすぐ利用できるプログラムみたいな!

オフジェクト指向は、プログラミングを楽にする考え方なので、なんとなくそうなのかな・・・・?
実際、ほんとなにも知らなくても楽にパーツを使ってプログラムできる。

とりあえず、今はそのくらいで理解しておこう!w
関連記事

0 Comments