COUNT関数

指定した範囲内で、数値が入力されているセルを数える


A列の数値の入ったセルを数える」


=COUNT(A:A)


COUNTA関数と勘違いしやすいので注意!

COUNT関数

数値が入力されているセルを数える

COUNTA関数

空白以外のセルを数える

関連記事

0 Comments