記事一覧

for文の使い方を覚えよう

決められた数だけ繰り返し!


同じ処理を何回も繰り返す時に使用するのがfor文。

for文は指定した回数分、処理を実行できるため、同じプログラムを書き続ける手間も省ける。


for 回数 in 1…5 {

    print("\(回数)回目だよ")

}


foe文は処理を一周すると、forに続けて書いた変数に「1」を足していく。

ので、結果が

↓↓↓


1回目だよ

2回目だよ

3回目だよ

4回目だよ

5回目だよ




for文の外にある変数の処理もできる。

外の変数を処理する事で、足すだけじゃなく掛けたり、いろんな処理ができ、処理の幅が広がる。


var 数字 = 10

for 回数 in 1...10 {

    数字 *= 2

}

print("\(数字)")


結果は、


10240


for文の外で使っている変数は、for文の中で値を参照したり再代入したりできる。

「数字」に「10」を代入して、for文で「2」を10回掛けている。



for文の外の変数名と中の変数名は一緒でも区別されて処理される。

でも、同じ変数名があると混乱を招くので、同じ名前は避ける様に!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク