記事一覧

switch文の便利な使い方

caseを範囲で指定する

switch文では「case」でそれぞれの処理の実行してます。

仮に連続した数字で処理を分けたい場合は、ずべての数値に対して「case」を書く必要がある。

不便になるので、「case」で範囲指定する事ができる。


let 点数 = 77

switch 点数 {

case 0:

    print("0点・・・。不合格")

case 1...59:

    print("がんばろましょう。不合格")

case 60...99:

    print("よくできました。合格")

default:

    print("大変よくできました!合格")

}


」で数値を範囲を指定する。

」は「.3つ。




caseの条件を複数指定する

複数ある変数を、条件によって簡単にグループ分けする時など、ひとつひとつ条件を指定してif文などで書くと大変で手間がも増える。


case文の条件を「:」で区切ると複数指定する事ができる。


let おやつ = "ケーキ"

switch おやつ {

    case "団子","どらやき":

        print("おやつは「和」")

case "ケーキ","プリン","タルト":

        print("おやつは「洋」")

    default:

        print("おやつは謎です")

}


switch文では1対1の比較以外に複数の判定が同時に行えるので便利。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク