記事一覧

else If分の使い方を覚えよう

複雑な条件をスッキリと!


else文では、そうではない条件を指定できるが、複数指定出来ない。

複数の条件を指定したければ、if文が増えたりでプログラムが複雑になる。


そこで、「else」の中に「if」を追加して条件を追加する。


var バナナ = 120

var スイカ = 200

if バナナ == スイカ{

    print("バナナとスイカは同じ値段")

}else if バナナ < スイカ{

    print("スイカの方が高い")

}else if スイカ < バナナ{

    print("バナナの方が高い")

}


最初のif文で判定した結果が「false」だった時、さらにif文で条件を書いて判定する。

それが「false」だったら、さらにif文で判定している。


もし上のプログラムをif文だけで書くと、


var バナナ = 120

var スイカ = 200

if バナナ == スイカ{

    print("バナナとスイカは同じ値段")

}else{

    if バナナ < スイカ{

    print("スイカの方が高い")

    }else{

        if スイカ < バナナ{

    print("バナナの方が高い")

        }

    }

}



複雑になり、プログラムが読みにくいし、文字も増える。


else if」文で読みやすく、プログラムをスッキリ見やすく理解しやすくできる!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク