記事一覧

else文の使い方を覚えよう

ifに「そうでなかった」を追加


if文では

そうであった時の処理はできるが、

そうでなかった時の処理が出来なかった。

そこで、「else」を使ってそうでなかった場合の処理を追加する。


let りんご = 100

let みかん = 120

if りんご == みかん {

    print("同じ価格")

} else {

    print("違う金額")

}

print("プログラム終了")


金額が違うので、「違う金額」と表示される。



if文のelse文を加える事で、条件を満たさない(false)にだけ実行する処理を追加できる事から、

テストで、

60点以上なら「合格」

60点以下なら「不合格」

と表示させる事ができる。

↓↓↓


let 点数 = 60

if 点数 >= 60 {

    print("合格")

}else{

    print("不合格")

}

print("プログラム終了")


できればif文では混乱を避ける為に「!=」の演算子は使わない様に。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク