記事一覧

If文のつかいかたを覚えよう

条件を指定してルートを追加!


プログラムは上から順番に実行される。

if文を使った条件を追加すると、

条件を満たした場合(ture)に実行されるルートが生まれる。

条件を満たしてない場合(false)の場合はそのまま次のプログラムに処理が流れる。


let りんご = 100

let みかん = 100

if りんご == みかん {

    print("同じ価格")

}

print("プログラム終了")


結果が「ture」なので、

{  }の中のプログラムが実行される。

その後に「print("プログラム終了”)」

が実行され、表示は


同じ価格

プログラム終了


となる。


==」を「!=」に変更すると、


let りんご = 100

let みかん = 100

if りんご != みかん {

    print("同じ価格")

}

print("プログラム終了")


条件式の結果は「false」になるので、

{  }の中のプログラムが実行されず、


プログラム終了


だけの表示になる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク