記事一覧

AppleWatch series2でのランニング・運動系アプリのまとめ

結局、色々なアプリを使ってみてのまとめです。

使ったアプリは3つですが。

Nike+ Run Club

Runtastic

アクティビティ(純正アプリ)


Nike+ Run Club
ランニングに特化したアプリの為、他の運動(スイムやサイクリング)が記録できないので、自分には合ってませんでした。
ランニングだけの記録でいいという方なら、Apple Watch単体でもGPSでログが取れますし、心拍数も測れるので、とても便利だと思います。


Runtastic
本格的にApple Watchに対応してないようです。
iPhoneと接続されていないと、動きません。
接続されていれば、Apple Watchの心拍計のデータは使えるようですが、GPSはiPhone本体の機能を使っている感じです。
なので、Apple Watch単体で使用する事がまず不可能なので、早くアップデートしてApple Watch単体で使えるようになる事を期待です。


アクティビティ(純正アプリ)
純正だけあってかなり優れています。
何よりの強みは、室内プールで正確に距離が測れる事です。
欠点を挙げるとするならば
アクティビティの追加・編集・削除ができない
 Apple Watchを忘れたり、電池切れ、またはスタートを忘れてた時に、後から追加ができないので不便。
心拍数の履歴が時間毎にでなく、平均のみ。最大、最小もわからない
 時間・ラップタイム毎に心拍数の変動がわからない。
年・月毎にまとめた履歴が見れない
 今月は、どれだけ運動したか?または今年は?みたいな集計の仕方で履歴が確認できない。
パソコンや他のデバイスに対応してない
 パソコンで後で履歴の確認ができない
 iPhoneからandroid端末に変える事があれば、今までの履歴が引き継げない。(iPhoneをずっと使うなら問題なし)
プールでのウォーキングが反映されない
 「室内プール」でプールウォーキングが検知できない。(そんな問題ではないかな??泳ぎのログと別だし・・・)


総評
純正アプリのアクティビティの機能が良いだけに欠点が目立つのと、どうしても今使用してるRuntasticと比べてしまうからかな???

Runtasticから純正アクティビティアプリに完全に移行する事は難しいかと・・・
他デバイスでもログが取れる
パソコンなど他デバイスから細かくログの解析ができる

これができるのはやはり大きい。
Runtasticがサービスをやめない限り、ログは残り続ける事になり、純正アクティビティアプリはApple製品から離れると、すべてのログが移行できない状態。
これは、辛い!
ログをネット上に残すRuntasticが、ここは有利。
今回、比較はしてませんが、RunKeeperもネットにログを残す形になってます。

で、結局自分は・・・
Apple Watchで純正アクティビティアプリを使い、android端末(Xperia A4)でRuntasticを使ってます。

面倒ですがね・・・
Xperia A4で心拍数の測りたいので、mio ALPHAもセットで。
要は、
右手にmio ALPHA
左手にApple Watch
って形で、Xperia A4をポケットに入れて走ってます。

面倒です!
でも、両方のいいとこ取りを使用と思うとこうするしかない・・・

一番いいのは、RuntasticがちゃんとAppleWatch series2に対応してくれる事です。

とりあえず、今後どうなるかわかりませんが、今は面倒な使い方をしてます。
でも、これはこれで楽しかったりする訳でwww

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク