記事一覧

レバレッジ・強制ロスカット

FX用語なのかな???

レバレッジとは、直訳すると「てこ」って意味。

FXで取引するには、
1枚(1ロット)という単位で取引する。

1枚(1ロット)=10000通貨
とし、
10000通貨=10000ドル=約100万円

となる。
約100万円ないと取引できない事になる。
そこでレバレッジ。証券会社の口座に10万円あって、レバレッジ25倍だと、250万円あるものとして取引できる便利な仕組み。

レバレッジは決まっており、日本では25倍です。

実際の金額より大きい取引ができるとなると、なんか損しそうな気がしますよね。

ところがうまいことできてまして、証券会社も損をしたくないので、
強制ロスカット
なるものがあります。

ようは、証券会社が、持ち金がなくなる、もしくは、大損する前に決算してくれて、大きな損害が出るのを抑えてくれます。

細かく、設定できるのかな?
証券会社によるのかもしれない。

でも、口座の金額を超える損は絶対しないようになっている。
そこで、強制ロスカットを上げるために、口座に大きな金額として、
生活費など、必要なお金を入れる事は、危険なのでしないように!って事。

こうやって調べるとそれなりに、便利な仕組みで安全に取引ができるような気がする。
無茶をしない限りね!

なんか、頭のいい人が、裏で色々と考えているんだなぁと思う。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク