記事一覧

Gear S2 classic ベルト交換

Gear S2 classic ベルト交換です。

なんで「Gear S2」より高い、「Gear S2 classic」を買ったのか?
見た目がいいのもありますが、何より市販の腕時計のベルトが使える事です!

「Gear S2」も交換ベルトはありますが、専用品。
「Gear S2 classic」も専用品はありますが、市販の20mmのベルトが使えます。これはとても大きい価値かと思います。
どこかのサイトで、22mmと誤表記があったので注意してください!
間違えて買うところでした・・・・

Gear S2 classicの交換ベルトは20mmです。

「Gear S2 classic」の純正ベルトも悪くはないのですが、自分には皮よりメタルバンドの方がいいかと・・・
メタルバンドも似合いそうですし!

ネットで調べると、20mmベルトはいっぱいあります。
しかも、安い!
ピンキリですかねw

早速購入!で、自分で作業する場合にあたり、購入時の注意点。
①時計本体の取付部
ベルトを時計本体に固定する部分がベルトに2種類あり、弓カン・直カンがあります。
弓カンは、本体に固定する部分が弓型になっており、時計本体の丸みに合えばカッコよくなりますが、合わない・つかない可能性や、加工しないといけない可能性があります。
yumikan.jpg

直カンは、本体取付部が直線状になっているので、時計本体の形に関係なく取り付けることができます。
今回は、純正品も直カンタイプだったので、直カンタイプを選びました。
tyokukan.jpg


②バネ棒が付いているか?
バネ棒は、時計にベルトを固定する棒です。
バネになっていて、縮めて突張ってベルトを本体に固定する為の棒です。
banebou.jpg
純正ベルトは、取付部分が特殊なので、バネ棒を流用できないので、必ずいる必需品です!


③工具が付いているか?
純正ベルトを外すのは、工具無しで簡単に外せますが、取付時には必要です。
kougugu.jpg
なくても、他の工具などで代用できそうですが、ベルトを買うと付いてる物がほとんどなので、付属されてくるものを購入した方がいいと思います。


④メタルバンドの駒調整の事(メタルバンド系のみ)
革製のバンドとかは関係ないですが、輪状になる分に関してはバンドの長さを調整しないといけないです。
メタルバンドは駒を外して長さを調整しますので、その駒を外す工具を買うか?どうかです。
自分はベルトを外す工具で代用できるとの事でしたので、買わなかったですが、100均やネットで500円ほどで売ってるものなので、あった方がいいかもしれません。

注意点はこんな感じですかね・・・
まぁ安くで、すべて揃ったものがあるのでそちらを買えば問題なしです!

で、今回買ったのは、
メタルバンド(黒)、バネ棒×4、工具、おまけの皮ベルトが付いての1980円の物です。
思ったより超安いですが、とりあえず最初なのでいいかと!
他もそんなに高くないし、案外安い物かもしれせん。

で、ネットで購入届いた物が、

gsbelt0.jpg

シンプルです。

gsbelt2.jpg

交換方法の説明書も入ってました。
クロスが入っていたのですが、これが作業するときに思ったより便利で助かりました。

gsbelt1.jpg

ベルトと、交換するにあたり必要になる物です。

まず、時計本体から純正ベルトを外します!

gsbelt3.jpg

これは純正品で、見えているピンを回して押し込んであげればすぐ外れます。

gsbelt4.jpg

あっとゆう間に両方外れます。

で、新しいベルトの取付。

gsbelt5.jpg

ベルトの取付部にバネ棒を入れます。

そして片方の穴にバネ棒をさして、

gsbelt6.jpg

gsbelt7.jpg

専用工具ではめてあげるだけ!
簡単な作業ですが、バネ棒が飛んでいってしまったりするので、慎重に。
あと、片側をつけると、もう片側に取り付けるのが大変。
駒を外して付けようかと悩みましたが、最初についている保護用のビニールシートを外せば意外とすんなりいけました。

あとは、ベルトの長さ調整としての駒外しです。
ピンで止まった駒があるので、片方を専用工具で押して、押し出す感じです。
最初は慎重になり力を入れにくいですが、意外と力業で抜く感じです。
工具が尖っているので、ウエスかタオルなんかで手を保護しながら力を入れた方が、怪我もなく力を入れやすいと思います。
駒を外し、あとは同じようにピンを入れて固定。
ここも結構力業になります。柔らかいもので叩くとか、ラジペンで挟むとか・・・
ちなみにラジペンで挟んで少し傷がいきました・・・どうせすぐ傷つくからいいか!って感じですw

もし、この作業が心配であれば、駒調整用の専用工具セットがあるので購入した方がいいでしょう。

gsbelt8.jpg

駒を外して、組み立て、無事ベルト交換完了です!

思ったより時間かかりましたが、ちょっとした工具があれば自分でできる作業かと思います。

変えたら雰囲気がガラッと変わります。


gsbelt9.jpg

自分としては超納得です。
本体が黒なので、黒のメタルバンドが似合ってます。

ベルト自体ですが、安いだけあって少し安っぽいですが、値段の割にはいいと思います。
あと、安っぽいとも言えるのですが、軽くなったのも良かったです。

あと気になるのは耐久性。
ネットでのレビューを見てると、すぐ外れた等の書き込みがありましたが、そんな心配は今の所なさそうです。

正直このままづっと使えそうです。

傷が入ったり、壊れたら安いのでまた考えたらいいしw

ってことで、Gear S2 classicのベルト交換、安くでき、大満足です!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク