記事一覧

「ESTA アメリカ電子渡米認証システム」の申請

ホノルルマラソンの準備として、走ったり運動したりする事は大事ですが、最も重要なのは現地に行く事!
当たり前ですね!w

海外なので注意が必要です。
パスポートがいるのはもちろんですが、9・11のテロ以降から、アメリカに入国するのに、事前「ESTA アメリカ電子渡米認証システム」に申請しなければいけません。
渡米する前の72時間前までに申請する必要があります。
ので、ゆとりを持って早めの申請です。

以前ハワイに行った時は、会社で取ってもらったのですが、有効期限の2年も過ぎており、今回自分で申請してみました。

申請に必要なもの
・パスポート
・クレジットカード

くらいですかね??
それを手元に置いてネットから申請です。

申請には14ドル必要ですので、決済としてクレジットカードがいります。
クレジットカード以外の支払い方法があるのかな??多分無さそう・・・わかりません・・・ネットで調べてみてください。
ちなみに旅行会社に代行してもらう事も可能です。自分の場合は4550円でした。
ちょっと高いですが、安心ですし確実かもしれませんね。でも、パスポートのコピーを提出したり、必要事項を書類に書く事になるので、自分でネットでした方が、いいような気がします。

アメリカのシステムに申請する事になるので、英語で申請しないといけないの?わかるかな?
って不安になるかもしれませんが、ネットで調べると親切に解説してるページもありますし、申請サイトも各国の言語に対応してますので、そこまで難しくありません。
そりゃ、海外から受け入れる為のシステムですから、外国の方がわかりやすいようにしてくれてて当然ですかねw

で、いざサイトに行くと、英語やん!って事になります。
でも、サイトの上の方に「LANGUAGE」って項目があり、日本語にする事ができます。

で、申請するのですが、全てアルファベット入力です。アメリカのシステムだから当たり前ですよね。
ダメもとで日本語入力してみましたが、やっぱ無理でしたw

同意事項に何度かチェックを入れ、
パスポート情報・住所などを入力。
アルファベット入力なので、戸惑いますが問題ない感じです。
住所なんかちょっと悩みますかねw
でもみんな悩みながら入力して大丈夫なので大丈夫でしょ!

勤務先・アメリカでの連絡先・緊急連絡先・なぜか両親の名前など、いるの?って情報を入力して進んでいきます。

最後に項目ごとに確認し、最後はクレジット決算です。

ここも必要事項をアルファベットで入力して完了です。

で、無事申請完了。

完了のページを印刷しておけば大丈夫でしょう。

自分は印刷(プリンタ調子悪くてでなかった・・・)と、画面キャプチャーを念のため保存しました。

Google Chrome だと「FireShot」と言う便利なアドオンがあり、ブラウザの画面をそのままPDFや画像として保存できるので便利ですよ!

で、無事ESTAの申請は終わりました。

旅行会社にお願いしてもいいですが、簡単なので自分でチャレンジしてみてもいいかもしれません。

何より、出発までに申請忘れないように注意です!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク