記事一覧

飛行機輪行 輪行箱の候補をまとめてみました

候補を具体的に選別してみました。

選別するの辺り、絶対条件として
ハンドルを外さないで収納できる!
物を選びました。

ハンドルを外し荷物を小さくすると、飛行機では普通の荷物として扱う事ができ、追加料金がいらないなどのメリットがありますが、外して組むという作業が面倒なのと、ハンドルを外すとレバーやらも大変なのとトラブルが起きそうなので、

ハンドルを外さないで収納できる箱を選びました!

**注意**
後で気づいたのですが・・・

premier パネルガードバイクケース

は、ハンドルとペダルを外さないと収納出来ない様です・・・

って事で、それを踏まえて下記を参考にしてみてください。


SCICON (シーコン) エアロコンフォートプラス トライアスロン キャスター付き輪行バッグ

価格:約60,000円

SCICONって、世界的に一番メジャーなメーカーになるのかな???
プロチームが良く使っているとの事。
トライアスロン様なので、唯一DHバーを外さなくてもいけるケース。
安心感と信頼性はありますが、価格がちょっと気になりますね。
使わない時、保管に結構場所を取る感じかな・・・
コロ付き。


premier パネルガードバイクケース

価格:約18,000〜24,000円

ソフトケースになっており、衝撃にはある程度強そうです。
ケースだけだと、バイクの固定に問題がある様なので、
オプションの
とセットで購入した方が良さそうです。
しっかり固定してケースに入れれるのでかなりの安心感があります。
使わない時は、ある程度折りたたむ事が出来そうです。
コロ付き。


QBICLE(キュービクル) バイクポーター STD スタンダートサイズ

価格:約14,400〜20,000円

プラスチック製ダンボールの箱になります。
中で固定できるのか?
あまり詳しい情報がありません・・・
ちょっと不安かな・・・
折りたためるので使わない時はコンパクトに収納出来そうです。
コロが付いてませんが、
オプションで
コロが付けれる様です。


BTB輪行箱 HYBRID ハイブリッド

価格:約10,000〜17,000円

段ボール特性と樹脂特性のいいとこ取りをしたハイブリッド輪行箱。
日本のメーカーだけあって色々な情報もあって、安心です。
YouTubeなどで、細かい説明など情報も豊富で安心できるメーカーです。
折りたためるので使わない時はコンパクトに収納出来そうです。
コロが付いてませんが、
オプションで、
コロが付けれる様です。


BTB輪行箱 BASIC

価格:約3,200円

BTBのダンボールの輪行箱です。
ダンボールで不安もありますが、1、2度しか使わないとかであれば、価格も安くいいかもしれません。
耐衝撃など心配はありますが、日本のメーカーであり、何度も改良されている様ですし、説明などしっかりしてるので信頼はできそうです。
実際、この箱で飛行機輪行で海外に行ったという情報もありますので、コスト重視ならベストかも。
しかも、ダンボールなので折りたたみ保存もできますし、いらないなら簡単に処分できるのもいいですね!
コロは付かないです。
が、工夫次第でなんとかなりそうです!



という感じで、5点まで具体的な候補を絞ってみました。

今の感じで行くと、
premier パネルガードバイクケース
or
BTB製のどちらか
ですかね・・・・


選ぶポイントとして、忘れてはいけないのは、
国内での郵送が可能か?
って事。

今の段階では、関空まで車で持って行く予定なのですが、
ツアーの関係で、関空以外の出発になる可能性もあります。

なので、もう少し様子を見て、最終的に購入したいと思います。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク