記事一覧

範囲指定について 必ず!列全体指定!!


列全体指定で、データが増えたときでも柔軟に対応できるようにする。

特定の範囲だけを指定すると、データが増えた時とかにまた範囲指定をし直さないといけない。

列で指定しておけば、データが増えた時など、後々の式の変更の手間が省ける。


なので、範囲指定はできるだけ


列全体指定に!


=COUNTA(A:A)

の赤文字の部分が列指定。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク