記事一覧

値・変数・型・演算をしっかり理解しよう!

「値」って何のこと? print("こんにちわ") ↑これをプログラムという。 「print」は文字列を画面に表示するための命令。 「/n」は改行を表す。 Swiftでは文字や数字をたくさん扱いますが、これらを「値」という。 Swiftの2大ルールをチェック 英字や記号、数字は半角で書く 単語や記号の間には半角スペースを入れる 「変数」を使ってみよう! 「ver」で宣言。 変数とは、文字列や数字など、さまざまな値を入れて...

続きを読む

配列と辞書の基本を押さえておこう

配列を作ってみよう 実際のプログラムでは変数・定数をたくさん使用する。 そこでわざわざ一つ一つ指定・作成するのは面倒なので「配列」を使う。 var 名前1 = “山田” var 名前2 = “田中” var 名前3 = “吉田” ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ var 名前 = [ “山田”,”田中”,”吉田” ] とする事ができる。 配列にできるのは同じ型の値のみ。 配列に複数の型を入れる場合「:Any」で可能だけど、プログラムミスやエラーの発見が難しく...

続きを読む

制御構文の使い方をマスターしよう!

制御構文って何? プログラムの基本は上から順番に書いていく。 それを「順次処理」という。 「順次処理」だと何回も処理したいという時に不利。 そこで「制御構文」で条件を満たした時だけ処理する様なプログラムが書ける様になる。 条件式と比較演算子を押さえよう 条件式とは、値を比較して正しいかそうでないかを判断するもの。 条件式によってプログラムの流れを変える事ができる。 let りんご =“ 100” let みか...

続きを読む

If文のつかいかたを覚えよう

条件を指定してルートを追加! プログラムは上から順番に実行される。 if文を使った条件を追加すると、 条件を満たした場合(ture)に実行されるルートが生まれる。 条件を満たしてない場合(false)の場合はそのまま次のプログラムに処理が流れる。 let りんご = 100 let みかん = 100 if りんご == みかん {     print("同じ価格") } print("プログラム終了") 結果が「ture」なので、 {  }の中...

続きを読む

else文の使い方を覚えよう

ifに「そうでなかった」を追加 if文では そうであった時の処理はできるが、 そうでなかった時の処理が出来なかった。 そこで、「else」を使ってそうでなかった場合の処理を追加する。 let りんご = 100 let みかん = 120 if りんご == みかん {     print("同じ価格") } else {     print("違う金額") } print("プログラム終了") 金額が違うので、「違う金額」と表示される。 if文のels...

続きを読む

else If分の使い方を覚えよう

複雑な条件をスッキリと! else文では、そうではない条件を指定できるが、複数指定出来ない。 複数の条件を指定したければ、if文が増えたりでプログラムが複雑になる。 そこで、「else」の中に「if」を追加して条件を追加する。 var バナナ = 120 var スイカ = 200 if バナナ == スイカ{     print("バナナとスイカは同じ値段") }else if バナナ < スイカ{     print("スイカの方が高い") ...

続きを読む

switch文の使い方を覚えよう

たくさんの条件で値を比較! ある値を多くの条件で比較して、それぞれの処理を行うことができる。 let おやつ = “アイス” switch おやつ {     case "プリン":         print("おやつはプリン")     case "アイス":         print("おやつはアイス")     case "マロン":         print("おやつはマロン")    ...

続きを読む

switch文の便利な使い方

caseを範囲で指定する switch文では「case」でそれぞれの処理の実行してます。 仮に連続した数字で処理を分けたい場合は、ずべての数値に対して「case」を書く必要がある。 不便になるので、「case」で範囲指定する事ができる。 let 点数 = 77 switch 点数 { case 0:     print("0点・・・。不合格") case 1...59:     print("がんばろましょう。不合格") case 60...99:     print("...

続きを読む

for文の使い方を覚えよう

決められた数だけ繰り返し! 同じ処理を何回も繰り返す時に使用するのがfor文。 for文は指定した回数分、処理を実行できるため、同じプログラムを書き続ける手間も省ける。 for 回数 in 1…5 {     print("\(回数)回目だよ") } foe文は処理を一周すると、forに続けて書いた変数に「1」を足していく。 ので、結果が ↓↓↓ 1回目だよ 2回目だよ 3回目だよ 4回目だよ 5回目だよ for文の外にある変数...

続きを読む

while文の使い方を覚えよう

条件を満たすときはずっと繰り返し! 繰り返し処理には、もう一つ「while」と言う、制御構文がある。 var 台数 = 0 while 台数 <= 10{     台数 += 1     print("iphone\(台数)台目購入") } print("iphoneを通算\(台数)台買った") while文の右には条件式を書く。 ループの中で、「台数」に「1」を足して数字を「print」で出力してる。 条件式が「ture」の間、ループする。 条件を抜けるに...

続きを読む

Swift超入門のまとめ

「変数」と「定数」の違いは? 「変数」の値は書き換えられるけど、「定数」の値は書き換えれない 2つの「文字列型」の変数を「+」で、足し算するとどうなるか? 2つの文字列がつながる 「ブーリアン型(Bool型)」に代入できるものは? 「true(真)」と「false(偽)」 演算子「*」、「/」の意味は? 掛け算「*」、割り算「/」 「配列」から値を取り出す時の数字をなんという? 添字 「配列」を宣言して複数...

続きを読む

アイコン

suzume

趣味などアップ!

ブログ内検索

スポンサーリンク

カテゴリ

肉 (4)

スポンサーリンク